エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

狭小住宅を扱うおすすめハウスメーカー10選!間取りの注意点も解説

ハウスメーカー 工務店 2022.07.15
狭小住宅 ハウスメーカー

狭小住宅は、なるべく価格を抑えてアクセスが便利な場所にマイホームを建てたい人の選択肢のひとつです。

とはいえいざ狭小住宅を建てようと考えても、どのハウスメーカーが良いのか、またどういった間取りが良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、狭小住宅が得意なハウスメーカーや工務店を10社ご紹介します。狭小住宅の間取りの注意点も合わせて記載するので、マイホームを検討中の人はぜひ参考にしてみてください。



狭小住宅とは?都心の家づくりの選択肢

狭小住宅とは、言葉の通り狭小地(狭い土地)に建てられる住宅を指します。
明確な定義はないものの、約15~20坪ほどの土地に建てられる家が当てはまるようです。

利便性が良く、都心へアクセスしやすい土地は総じて価格が高い傾向にあります。こうした時価が高いエリアに、価格を抑えてマイホームを建てる際の有力な選択肢が狭小住宅といえるでしょう。

狭小住宅は狭いスペースでも快適に住めるよう、間取りや構造にさまざまな工夫が凝らされています。

建てる際は、狭小住宅の施工事例やノウハウが豊富なハウスメーカーや工務店を選ぶのがおすすめです。

狭小住宅のメリット

狭小住宅のメリットとして、主に以下の3つが挙げられます。

  • ・利便性の高い場所に住める
  • ・土地代を抑えられる
  • ・税金を抑えられる

狭小住宅の最大のメリットは、利便性の高い都心部に住めること。

駅や商業施設まで近く、通勤や通学のアクセスが良い場所は総じて価格が高いものですが、狭小地であれば土地代も抑えられます。便利な場所になるべく価格を抑えてマイホームを建てられる点は狭小住宅の魅力といえるでしょう。

また狭小住宅は土地の面積が少ない分、そうでない住宅に比べて固定資産税や都市計画税といった税金が安く済みます。この点も狭小住宅のメリットです。

狭小住宅のデメリット

狭小住宅のデメリットとして、主に以下の3つがあります。

  • ・建築コストがかかる
  • ・隣家との距離が近い
  • ・駐車スペースの確保が難しい

狭小住宅のデメリットとしてまず挙げられるのが、建築コストです。

一般的に狭小住宅の周囲には、同じような家が多く立ち並んでいます。道幅が狭いために重機が通れなかったり足場が組みにくかったりすると、代替の方法を考えなければいけません。その分人件費や輸送費がプラスでかかってくることも念頭に置きましょう。

また狭小住宅は3階建てなどの縦に長いタイプが多く、地震などの災害に対する耐久性が懸念点です。
耐震強度や耐久性を高めようと思えば、それだけ建築費用が高くつきます。

狭小住宅が並ぶエリアでは家同士の距離が近いため、防音対策、採光やプライバシー保護のための窓の位置など、家の構造にも気を付けなければいけません。

狭小住宅が得意なハウスメーカー&工務店10選

狭小住宅を建てる際、後悔しないためにもハウスメーカーや工務店選びはとても重要です。
ここからは、狭小住宅を多く扱っているハウスメーカーと工務店を紹介していきます。

ミサワホーム|狭小住宅の商品ラインナップが豊富

ミサワホームは、狭小地向けの「都市型住宅」のラインナップが豊富なハウスメーカーです。

【ミサワホームの特長】

・狭小住宅の商品ラインナップが豊富
・鉄骨造と木造、耐震木造住宅の3種類から選べる
・子育て世帯向けの間取りが得意

ミサワホームの狭小住宅は、各階の間に中間層をつくり、開放感を保ちながら空間を仕切る「スキップフロア」という設計を多く取り入れています。限られた空間を立体的に演出する間取りは、小さな家でも狭苦しさを感じさせません。

ミサワホームの木質パネル接着工法は、強度の高い木質パネル同士を強固に面接合することで、箱型に家を構成する独自工法。
2×4工法のような耐久性の高さが期待できるため、耐震強度が気になる狭小住宅におすすめです。

【狭小住宅ラインナップ】

  • ・GENIUSまちの空
  • ・HYBRID BシリーズF.C.
  • ・URBAN MODEL 3

ミサワホームの口コミ

最初は予算オーバーだったので何度かお断りしたんです。そうしたら営業さんが「どれくらいなら建てられますか?」と聞いてくれて。正直に話したら、ちゃんと予算内に収まるように親身になって考えてくれました。(myhousegram48さん)

https://minique.info/rev/1739/

ミサワホームの決め手は全体的にデザインが落ち着いているところです。金額は最初は高いと思いましたが、住んでから快適に暮らせているので妥当だと思います。夏も冬も快適に過ごせるし、喚起システムを導入しているので匂いがこもりません。ミサワホームの良い点は四季を通して気温差がないことや外の音が聞こえにくい点だと思います。(8rukazeさん)

https://minique.info/rev/1311/

へーベルハウス|頑丈さを生かした自由度の高い狭小住宅を提供

へーベルハウスは、30年以上3階建て住宅をつくってきた「3階建て住宅のパイオニア」のハウスメーカーです。

【へーベルハウスの特長】

・強靭な構造躯体を狭小住宅にも採用
・耐久性の高さを生かした自由な間取りが魅力
・30年以上3階建てを建て続けてきたノウハウ

へーベルハウスの狭小住宅は、地震に強く耐久性に優れた重鉄制震・システムラーメン構造を採用しています。これは重量鉄骨の柱と梁を用いた構造躯体に、住宅用にカスタマイズした免震・制震ダンパーを組み合わせた構造です。
耐久性と耐震性に優れ、耐用年数は60年ともいわれています。

へーベルハウスの狭小住宅は、その頑丈さを生かした自由度の高い間取りを提供しています。室内に柱をなくし開放感を演出したり、防犯性の高い壁を組み込んだデザインにしたり、豊富な経験から来る提案力の高さが魅力のハウスメーカーです。

【狭小住宅ラインナップ】

  • ・terra craft
  • ・FLEX GENB
  • ・TOWN COMPO
  • ・FREX monado
  • ・HEBEL HAUS 2.5 Style

へーベルハウスの口コミ

建てるなら災害に強い造りにしたいと思っていたんです。その点へーベルハウスさんの家は、自由設計かつ鉄骨造で耐久性が高いのが特徴なので、自分たちの好みを反映させつつ丈夫な家が建てられると感じました。(ohii1781さん)

https://minique.info/rev/1928/

アキュラホーム|狭小住宅を1,000万円台から建てられる

アキュラホームは、高品質な家を適正価格で提供するハウスメーカーです。

【アキュラホームの特長】

・無駄を省くことで1,000万円台の狭小住宅が可能に
・耐力壁を用いた耐久性のある家づくりを行う
・狭小住宅の懸念点である収納スペースも十分に確保

アキュラホームは建材の大量一括共同仕入れを行い、下請け・孫請け会社を排除することによって中間マージンをカット。無駄を省くことで、手の届きやすい価格での注文住宅を可能にしています。

アキュラホームが提案する「1,000万円台の狭小3階建ての家」は、限られた広さでも開放感や収納スペースを確保できる設計力の高さが魅力。建築後も簡単に間取り変更ができるSI(スケルトン&インフィル)設計を採用しているので、ライフスタイルに合わせた住み替えが可能です。

また、アキュラホームの狭小住宅は15倍の壁倍率をもつ耐力壁を使用しています。建物の変形の心配が少なく、耐久性を重視したい人にもおすすめです。

アキュラホームの口コミ

家づくりではLCCM住宅(C02排出量を抑えながら太陽光エネルギー等の再生可能エネルギーを生み出す、CO2収支をマイナスにする住宅)の補助金制度を利用したいと思っていて、アキュラホームさんは認定基準を満たす技術力があったことが決め手です。(yuji.okada5102さん)

https://minique.info/rev/536/

BLISS|ノウハウが豊富な狭小住宅専門のハウスメーカー

BLISS(ブリス)は、東京23区を中心に展開する狭小住宅専門のハウスメーカーです。

【BLISSの特長】

・都心部の狭小住宅専門会社で実績が豊富
・変形地や特殊立地にも対応
・都市生活の多様性に合う家づくりを提案

BLISSは狭小住宅を専門に扱ってきたノウハウを最大限に生かし、斜線制限を緩和してデッドスペースを使い切る設計や、室内を視覚的に広く見せるデザインを得意としています。
また、狭小住宅とワンセットともいえる「都市生活の多様性」にも着目。シングル、DINKs、ファミリーとさまざまなライフスタイルに合う家づくりを提案しています。

BLISSでは機能性や効率の良さだけでなく、シアターハウスやガレージハウスなど、遊び心のつまった「コンセプトハウス」も評判です。狭小地という制限をマイナスにとらえない発想力が人気の秘訣といえるでしょう。

家づくりでは間取りにこだわって、図面も最初のものから5回ほど直しました。知人の一級建築士さんにもアドバイスをもらい、リビングは圧迫感がないように天井高を高くして、キッチンの配置に気をつけました。設計担当さんは若い女性でしたが、営業さんより頼れる方。「こうしたほうがいいですよ」とはっきり言ってくれました。(匿名さん)

https://minique.info/rev/333/

打ち合わせで営業さんには難しいと言われていたことも現場で対応してくださったり、営業さんを通さず直接連絡をさせていただけたので細かい要望を反映させることができた。(watashi_houseさん)

https://minique.info/rev/332/

クレバリーホーム城東店|東京の狭小住宅事情を熟知したハウスメーカー

クレバリーホーム城東店は、「10cmも無駄にしない家づくり」をテーマに東京の狭小住宅を専門に扱うハウスメーカーです。

【クレバリーホーム城東店の特長】

・東京の狭小住宅を専門に扱うハウスメーカー
・木造、重量鉄骨、RC造、混合造に対応
・4階建ての狭小住宅も建てられる

クレバリーホーム城東店は東京都内の土地や法規制、施工などさまざまな住宅事情を熟知し、悪条件な東京の土地での家づくりを得意としています。
これまで培った膨大なノウハウをもとに、限りあるスペースを最大限に活用した家づくりを提案します。

木造、重量鉄骨、RC造、混合造(RC造+木造)など、希望に合わせて工法や構造を選ぶことが可能です。狭小住宅を扱うハウスメーカーの中でも、これほど工法の選択肢が多いところは少ないでしょう。

また、木造4階建ての狭小住宅「もくよん」など、商品ラインナップが豊富な点も魅力です。

【狭小住宅ラインナップ】

  • ・M-LINE
  • ・屋上庭園
  • ・ZEH住宅
  • ・地下室付住宅
  • ・もくよん
  • ・制震王

東京組|素材にこだわったデザイン性の高い狭小住宅が得意

東京組は「東京の街並みを美しくしたい」という信念のもと、建材にこだわった注文住宅を提案する工務店です。

【東京組の特長】

・建材にこだわったデザイン性の高い狭小住宅を提案
・自由度の高い設計で狭小地や変形地にも対応
・施工実績や受賞実績が豊富

東京を中心に展開していますが、イタリアや青森にも拠点を持っています。

部材の選別や設計、施工、アフターメンテナンスまですべて自社一貫体制で行い、中間マージンをカット。日本のみならず、世界中の良質な建材や家具を最適価格で提供しています。

東京組では、構造や工法も選べる完全自由設計を採用しています。木造・RC造、重量鉄骨、混合造に対応しているので、狭小住宅の耐震性を重視したい人にもおすすめです。
制限付きの土地でもデザイン性の高い住宅を実現する発想力は経験のたまものでしょう。

デザインにこだわった狭小住宅を建てたい人におすすめの工務店です。

フリーダムアーキテクツデザイン|変形地や狭小地にデザイン性の高い住まいを建てる

フリーダムアーキテクツデザインは、注文住宅をメインに扱う設計事務所です。

【フリーダムアーキテクツデザインの特長】

・建築事務所の強みを活かしたプランニングが魅力
・不動産会社では扱えない変形地や狭小地でも家を建てられる
・土地探しからワンストップで依頼できる

フリーダムアーキテクツデザインは設計事務所ならではの卓越したデザイン力で、変形地や狭小地でも土地形状を活かしたプランニングを行います。

スキップフロアを取り入れたり、採光の工夫を加えたり、土地の持つポテンシャルを最大限に引き出す設計は、制限の多い土地に快適な住まいを実現します。

またフリーダムアーキテクツデザインでは、土地探しと設計をワンストップで依頼することも可能です。一般の不動産会社では扱えないような狭小地や変形地でも、プランニング込みなら十分に候補地となります。
住みやすさとおしゃれさの両方を兼ねそろえた狭小住宅を建てたい人におすすめです。

フリーダムアーキテクツデザインの口コミ

10社ほど見た住宅会社の中で、フリーダムさんが一番予算内に収めつつやりたいことをどんどん提案してくれました。希望を否定することは一切なく、こちらの気持ちに寄り添ってくれて、毎回打ち合わせで期待以上のものを提案してくれました。金額も満足しています。(mi_sse7さん)

https://minique.info/rev/370/

コンセプトの「みんながリビングに集まる」に基づいて、間取りは2階で大抵のことが完結するようにしました。洗面室・浴室・トイレを2階にして、リビングも廊下を介さずに行けるような動線に。寝室は1階と3階にして、家で過ごす時間の大半を2階で過ごせる造りにしました。(milkyhome_28さん)

https://minique.info/rev/372/

リバティホーム|東京に二世帯狭小住宅を建てられる工務店

リバティホームは、東京都江戸川区を拠点に展開する地域密着工務店です。

【リバティホームの特長】

・狭小住宅を得意とする東京の地域密着工務店
・二世帯狭小住宅にも対応
・デザインコンテストで数々の賞を受賞

リバティホーム狭小住宅と二世帯住宅を得意とし、これまで1300棟の施工を担当してきました。

リバティホームは「コンパクト、でも狭くない。」というテーマのもと、限られた広さを最大限に活用した設計を行います。15坪の土地での施工事例も豊富で、ビルトインガレージ付き住宅や、納戸・屋上付き住宅などバラエティに富んだ狭小住宅を提案しています。

リバティホームは、狭小住宅と二世帯住宅を組み合わせた二世帯狭小住宅の施工も可能です。施工事例では18坪や22坪などの狭小地に、開放感のある二世帯住宅を実現しています。
狭小地で親世帯との同居を考えている人に特におすすめの工務店です。

オープンハウス・ディべロップメント|都心部の駅近狭小住宅の施工実績が豊富

オープンハウス・ディべロップメントは「東京に、家を持とう」をテーマに、都心での家づくりを行うハウスメーカーです。

【オープンハウス・ディベロップメントの特長】

・都心で駅近の狭小住宅が得意
・土地探しから施工までワンストップで依頼できる
・注文住宅と建売住宅から自分に合ったものを選べる

オープンハウス・ディベロップメントは土地の仲介業も手掛けているため、都心部の土地探しから建築までワンストップで依頼することができます。

オープンハウス・ディベロップメントは狭小住宅の施工実績が豊富です。特に都心部で駅から近い3階建て狭小住宅を得意としていて、狭さを感じさせない間取りを提案します。
家事動線や収納スペースの確保、充実の標準仕様など、ファミリー世帯向けの住まいづくりをメインとしています。

オープンハウス・ディベロップメントは注文住宅のほかに、プロが間取りを考えた建売住宅も提供しています。選択肢が多い点も魅力のハウスメーカーです。

土地はオープンハウスさんで買ったのですが、ディベロップメントさんで建てると標準仕様で1,100万円とリーズナブルで、これ以上に安いところはないと聞いていたので、他社では検討していません。皆さん丁寧な対応でしたが、どの担当も人数が多くて少し不安になりました。(peanuts.house さん)

https://minique.info/rev/470/

決め手は予算です。土地は高いけど建物は安く済むし、この土地は交通量が少なくて私の実家から近いのでほぼ即決でした。以前案内してもらったオープンハウスの営業さんで嫌な思いをしたことを伝えたので、今回の営業さんはこちらの気持ちを汲み取って対応してくれました。(myhome_ohdさん)

https://minique.info/rev/479/

ホープス|強度とデザイン性の両方を実現した狭小住宅を提案

ホープス(HOPEs)は東京の狭小住宅に特化した住宅会社です。

【ホープスの特長】

・東京の狭小住宅に特化した住宅会社
・設計事務所と工務店がセットになっている
・強度のある自由度が高い設計が可能

設計事務所と工務店がセットになっていて、デザイン性と品質の両方を兼ねそろえた狭小住宅を提案しています。

ホープスの狭小住宅は、全棟がSE構法で建てられています。

SE構法とは、高い強度を持つ構造用集成材を柱と梁に使用し、その柱と梁をSE金物で剛接合する構法のこと。耐震性に優れ、強度がある分自由度の高い間取りを可能にしています。

ホープスの施工事例では、11坪~20坪の土地でも土間や駐車スペース、店舗スペースを確保したデザイン性の高い狭小住宅を見ることができます。また、土地の小ささを感じさせない開放感のある空間づくりも魅力です。

耐震性と間取りの自由さの両方が欲しい人におすすめの住宅会社です。

狭小地に住宅を建てる際の注意点

狭小住宅を建てる際、ハウスメーカー選び以外にどういった点に注意したら良いでしょうか。
ここでは、狭小住宅を建てるときの注意点を3つにまとめて紹介します。

注意点①耐震性と耐火を重視する

狭小住宅のデメリットでも挙げたとおり、狭小住宅は縦に長い構造になるため、耐震性の弱さが懸念点です。
また同時に、狭小住宅は間口が狭く奥に長い構造が多くなってしまいます。そのため万が一火事になった際、逃げ遅れてしまう危険性があります。デザイン性や間取りの自由度も大切ですが、耐震性と耐火性も妥協したくないところです。

ハウスメーカーの検討時は、耐震性や耐火性といった住宅の強度を信用できるところを選ぶようにしましょう。

注意点②狭小地に合う間取りを考える

狭小地という特殊な土地に家を建てる場合、狭小住宅に合う間取りが重要になります。
例えば窓の位置ひとつ取っても、狭小住宅では以下のような後悔が生まれがちです。

・隣家と近いため、窓の位置によっては隣から丸見えになってしまう
・隣家の窓の位置に近いため、防音できず音が筒抜けになってしまう
・せっかく窓をつけたが、採光性が悪い場所のため光が入ってこない

ほかにも収納や駐車スペースをどこに確保するか、階段はどういった形状にするかなど、狭小住宅ならではの悩みが存在します。
こういった問題を解消するためにも、狭小住宅の施工実績が豊富でノウハウを知っているハウスメーカーに依頼するのがおすすめです。

注意点③ローコストだけで選ばない

狭小住宅は一般的な住宅よりも建築コストがかかるため、ついついローコストに惹かれがちです。
しかし「なぜローコストなのか」という点を見逃してしまうと、安さばかり目立つ欠陥住宅ができる恐れがあります。

今回紹介したハウスメーカーのように、中間マージンのカットなどの企業努力によってローコストを可能にしているところもあります。「なぜコストを抑えられているのか」という根拠をしっかり説明できるハウスメーカーが安心です。

地震大国の日本では、大きな地震が起こった際に住宅街で大火事が発生するケースも少なくありません。丈夫な構法や品質をきちんと担保できるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。

狭小住宅が得意なハウスメーカーまとめ

狭小住宅は、都市生活を送る人にとって非常に魅力的な住まいです。
都心の土地は制限が多いからこそ、狭小住宅を熟知したハウスメーカーに依頼したいですよね。
今回ご紹介したハウスメーカーや狭小住宅の注意点を参考に、ぜひ後悔のない家づくりをしてください。