エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

埼玉県の地盤が強い地域・弱い地域

地盤 地震 埼玉県 2022.01.07

埼玉県は西に総面積の3分の1を占める山地や丘陵、そして東に残りの3分の2を占める台地や低地などの平野部が広がっています。 海に囲まれていない内陸県ではありますが、荒川や利根川に囲まれている地形であることから低地が多く、南部には地盤の柔らかい場所が点在しています。

埼玉県のエリア別地盤の強弱

埼玉県は西部が強く、南東部は不安のある地形です。

ただ、地盤が不安だからといって問題が必ずある、ということではありません。南東部でもしっかりしている場所もあり、逆に強い地盤が多い西部でも、不安要素のある場所は存在します。

それぞれ住みたい地域を見つけたら、そこでどのように対応するべきかを知り、家づくりを進めることが大切です。

【埼玉県西部】高くて地盤も固い

埼玉県内で地盤が強いと言われているのは以下の地域です。

  • 大宮台地に位置するさいたま市一帯(浦和、大宮など)
  • 武蔵野台地に位置する所沢市や朝霞市
  • 和光市
  • 志木市

ただ、該当する地域すべての箇所の地盤が良いというわけでなく、地形や歴史、土壌などによっても異なります。不動産会社に確認する、地盤調査を行うなど、納得できる方法で地盤の良し悪しを確認するといいでしょう。

【東部・南東部】荒川低地や中川低地は液状化のリスクあり

平成24・25年度埼玉県地震被害想定調査報告書」内の「相対的な液状化のしやすさ」の結果から、中川低地・荒川低地は地震の際に液状化しやすいというデータが得られています。

中川低地と荒川低地は埼玉県東部・南東部に位置しており、該当する市町村には春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、川口市などがあります。

これらの地域すべての場所の地盤が弱いというわけではありません。もし該当の市町村へ家を建てることを考えている場合は、事前に地盤の強さの確認や川の氾濫の危険性などを調べ、納得したうえで進めていきましょう。

首都直下地震の被害予想からも地盤の強さが分かる

30年以内に70%以上の確率で起こると言われている「東京湾北部地震」「茨城県南部地震」を例に挙げ、2つの地震の際の、埼玉県の想定被害状況を見てみましょう。

東京湾北部地震

東京湾北部地震はマグニチュード7.3と予想されており、埼玉県内で液状化の可能性が高いとされている地域は、東部地域と南部地域です。

最大震度が大きいと予想されている地域。
震度6強:戸田市、川口市、
震度6弱:川口市、さいたま市、八潮市、三郷市、草加市、越谷市、朝霞市

茨城県南部地震

茨城県南部地震も同じくマグニチュード7.3と予想されており、埼玉県内で液状化の可能性が高いとされている地域は東部地域です。

最大震度が大きいと予想されている地域。
震度6弱:越谷市、春日部市、川口市
震度5強:久喜市、さいたま市、蕨市、川越市

こういった予想からも、中川低地と荒川低地に位置する埼玉県東部・南部は地盤が弱く、地震の際に大きく揺れ、液状化してしまう可能性が高いと言えます。

理想の地盤

地域ごとに強弱のある地盤ですが、地盤の弱い地域と言われる全ての場所が、弱いとも限りません。強い地盤の地域も同様です。

「その場所」の地盤がどうなのか、ということを確認することも大切です。そのためにも良い地盤がどのようなものか知っておくことが必要になります。

理想の地盤は「高い場所にあり、歴史があり、土地そのものが固い」こと。
また地盤には種類があり、その種類によって災害発生リスクが変わるので知っておきたいところです。

【地盤について詳しく知る↓】

都道府県別 地盤の特徴と強弱

関東エリアの地盤が強い地域・弱い地域をまとめています。他に気になるエリアがあればぜひチェックしてください。