エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

ローコスト住宅ランキング!おすすめのハウスメーカーや比較ポイントも紹介

ハウスメーカー 2022.12.02

「注文住宅を建てたいけど、できるだけ費用を抑えたい」
そんな願いを叶えてくれるのがローコスト住宅です。

ひとくちにローコスト住宅と言っても、ハウスメーカーや工務店ごとにその特徴は異なります。
建ててから後悔しないためには、住宅会社の特徴を知り比較することが大切です。

そこで今回は、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーをランキング形式でご紹介します。あわせて住宅会社の比較ポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

▼ローコスト住宅のカタログ請求ならLIFULL HOME’Sがおすすめ!

<LIFULL HOME’Sのポイント>
●ローコスト住宅メーカーのみを検索できる!
●1,000万円台、2,000万円台など希望の価格帯から探せる!
●すべて無料!希望地域のカタログを一括で取り寄せられる!

ローコスト住宅メーカーを比較するポイント

ローコスト住宅を扱うハウスメーカーを比較する際は、費用や評判はもちろんですが、以下の2点も忘れてはいけません。

  • ・耐震性・気密性・耐久性などの住宅性能
  • ・アフターサポート体制や保証制度

住宅性能には、耐久性や気密性などさまざまな項目があります。
メンテナンス性や換気性能なども、ハウスメーカーを比較する際に見ておきましょう。

アフターフォローやサポート体制の手厚さ、保証制度の内容はローコスト住宅でなくとも重視したいポイントです。

住宅性能やアフターサポートの詳細は以下の記事にまとめました。
ローコスト住宅で後悔しないための比較ポイント

ローコスト住宅ランキング!おすすめのハウスメーカー10選

ではここからは、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーをランキング形式でご紹介します。

1位:クレバリーホーム(坪単価40万~60万円)

クレバリーホームは、フランチャイズシステムを採用している木造住宅ブランドです。

クレバリーホームのローコスト住宅の特長

  • ・自由設計のバリエーションが豊富
  • ・セルフクリーニング機能がある外壁タイルを使用
  • ・最大30年の保証制度がある

クレバリホームは自由設計のバリエーションが豊富で、ローコストながら高品質な建材が魅力です。外壁・窓・天井・床は機密性・断熱性・遮熱性とどれも高く、室内を快適に保ちながら光熱費も抑えられます。

クレバリーホームを代表するのが外壁タイルです。雨水で汚れを自動的に流し落とす「セルフクリーニング」機能があるので、メンテナンス費用がかかりません。

アフターメンテナンスも手厚く、最大30年間の保証が付いてきます。ローコスト住宅の不安要素である劣化・老朽化に関しても安心です。

2位:ユニバーサルホーム(坪単価50万~60万円)

ユニバーサルホームは、ハイグレードな住宅をローコストで提供するハウスメーカーです。

ユニバーサルホームのローコスト住宅の特長

  • ・地熱床暖房システムが標準仕様
  • ・独自の仕入れ・販売システムでコストカットを実現
  • ・商品ごとの価格差があまりない

ユニバーサルホームの家の最大の特徴は「地熱床暖房システム」です。
「地熱床暖房システム」は、地熱を活かして1年中快適な温度を保ってくれます。このシステムは標準装備なので、追加費用がかかりません。

ハウスメーカーは施工管理を下請け業者に任せることが多いですが、ユニバーサルホームは自社で行い、コストカットに成功。ローコストで質の高い住まいを提案しています。平屋や二世帯住宅、注目を集めているZEH住宅など充実した商品ラインナップも魅力です。

3位:富士住建(坪単価55万~60万円)

出典 : 富士住建

富士住建は「高品質・適正価格」をモットーにローコストな住まいを提案するハウスメーカーです。

富士住建のローコスト住宅の特長

  • ・メーカーとの年契約や営業手法の無駄を削減しコストカット
  • ・オプションがいらない充実の標準仕様
  • ・幅広いニーズに応えるラインナップ

富士住建は設備メーカーと年間契約を行うことで、質の良い建材を安価で仕入れています。富士住建の人気商品「完全フル装備の家」は、選べる3種類のキッチンや大容量収納など、他社ならオプション扱いとなる設備が標準仕様で備わっています。費用を抑えて質の高い住宅を建てたい人におすすめです。

ベーシックな2階建てのほかに平屋や国産ヒノキを使ったタイプ、ZEH住宅などさまざまな種類があります。幅広いニーズに応えるラインナップが魅力です。

富士住建さんの決め手は、やはり価格帯ですね。候補に挙げていたほかの会社と比べてだいぶ安かったのと、それでいて標準装備に高価格帯のものが揃っていたので、非常にコスパがいいと思いました。
無駄な広告費を使わない、強引な勧誘をしない、高品質の家を適正価格で販売。この姿勢に信頼性を感じて、富士住建さんにお願いすることにしました。

kjmax20

金額面でも誠実で、最初に言った金額から上がらないように頑張ってくれて、こちらが契約しそうとわかってもオプションを追加してくることはなかったです。大抵、契約後でないと金額の詳細がわからないと聞いていましたが、富士住建は最初の金額から跳ね上がることはなく、安心できました。

sosukemama_house

4位:アイフルホーム(坪単価50万~60万円)

アイフルホームは建材メーカーLIXIL(リクシル)が運営するフランチャイズのハウスメーカーです。

アイフルホームのローコスト住宅の特長

  • ・予算で選べる豊富な商品ラインナップ
  • ・「最長60年の継続点検」「最長30年の長期保証」が可能
  • ・耐震等級3相当の頑丈さを実現

アイフルホームはデザイン性が高い内装が魅力。子ども目線で安心安全な仕様「キッズデザイン」や、営業所に行かずにインターネットで外観・仕様・プランを選択できる「web housing」が注目を集めています。

10年の初期保証にプラスして「最長60年の継続点検」「最長30年の長期保証」を受けることができます。有償メンテナンスが条件となりますが、引渡しから20年目までは無償点検を行っています。
ローコスト住宅を扱うハウスメーカーでここまでの長期保証が備わっているところは多くありません。

5位:タマホーム(坪単価40万~70万円)

タマホームは、ローコスト住宅を全国に広げた大手ハウスメーカーです。

タマホームのローコスト住宅の特長

  • ・2つの商品で「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を受賞
  • ・長期優良住宅は最長60年保証付き
  • ・国産木材を使ったローコスト住宅を建てられる

タマホームのベストセラー商品「大安心の家」と「大安心の家 PREMIUM」は、2019年に「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」で優秀賞を受賞しました。また、この2つは長期優良住宅に対応。さらなるローコストを実現した「木麗な家」のほか、商品ラインナップも充実しています。長期優良住宅の場合、保証は最長で60年間となるのも大きな魅力です。

国産木材にこだわり、日本の気候に合う木造軸組在来工法を採用。耐震性・耐久性にも優れています

ローコスト住宅でも設計の自由度が高く、希望の間取りにできることも大きなポイントです。

タマホームさんは、ほかのハウスメーカーなどに比べ、良心的な価格設定だと思いました。標準仕様に満足できるものが多かったので、オプション費などが抑えられたのもありがたかったです。そのほかキャンペーンなども活用して、予想していたより抑えた額で希望どおりの家を建てられました。

shokotan0810

私たちの伺ったタイミングがちょうどタマホームさんの決算キャンペーン期間だったのも、運が良かったと思います。あまり高額なオプションなどを付けなかったのもありますが(笑)、それでもいろいろとやりたいことを実現しつつ予算内で収められたので、金額に関しては本当に満足です。

hf.mtcn.home

6位:アキュラホーム(坪単価40~70万円)

アキュラホームは、品質・性能・デザインのクオリティにこだわるハウスメーカーです。

アキュラホームのローコスト住宅の特長

  • ・建材の共同仕入れや自社施工でコストカットに成功
  • ・全棟がデザイナー監修の完全自由設計
  • ・アフターサポート「永代家守り」が評判

アキュラホームの社長は元大工であることから、職人気質なハウスメーカーとして有名です。
アキュラホームは建材の共同仕入れや自社大工による施工、独自の物流システムの構築といった企業努力で、ローコストかつ高品質な住まいを実現しています。

アフターサービスの「永代家守り」は、アキュラホームがホームドクターとしてきめ細やかなアフターサポートを行う人気サービスです。

やりたいことはいろいろありましたが、とにかく予算内で収めたいのが一番だったので、その点は最初からお伝えして話を進めました。
予算内で!は最後まで外さなかったので、そこを外れることはありませんでした。予算内で色々と提案してくれたので、わかりやすく選びやすかった。

yuipuru1217

7位:アイダ設計(坪単価40万~65万円)

アイダ設計は「適性価格」をコンセプトに注文住宅を提供するハウスメーカーです。

アイダ設計のローコスト住宅の特長

  • ・土地仕入れからアフターサポートまで自社で行う
  • ・1,000万円台の家づくりが可能
  • ・優れた品質で震度7クラスの耐震実験をクリア

アイダ設計は「良い家は高い」という常識を打破するため、一括で最新設備を大量に仕入れ、木材は自社プレカット工場で加工・管理。
土地仕入れからアフターサービスまで自社一貫体制など、あらゆる面でコスト削減に努めています。
こうした企業努力によって、1,000万円台のローコスト住宅が実現可能になりました。

アイダ設計の家は震度7クラスの耐震実験をクリアし、2017年には省エネに長けた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」にて優秀賞を受賞しました。

8位:レオハウス(坪単価45万~60万円)

レオハウスは、ヤマダ電機グループが運営するハウスメーカーです。

レオハウスのローコスト住宅の特長

  • ・1,000万円台からの家づくりが可能
  • ・内装や外観の自由度が高い
  • ・最長で60年保証がある

レオハウスはローコストを追求しつつ、内装、外観の自由度が高い住宅を提供しています。プランによって2LDKのローコスト住宅が1000円台で購入可能です。

木造建築・省エネ・保証など「7つの特徴」を掲げ、高品質ながらリーズナブルな家づくりを提唱しています。最長で60年の保証プランもあるなど、アフターサポートの充実も魅力です。

予算の都合もあるのですべてが希望どおりとはいかないところもありましたが、なるべくベストな選択となるように考えてくださったと思います。おかげで契約前に大まかな金額や間取りが把握でき、安心して話が進められました。間取りについては契約後にもかなりじっくり打ち合わせを繰り返し、その度に設計士さんが親身になって対応してくださったので、とても満足しています。

my_home_u

9位:センチュリーホーム(坪単価30万~60万円)

センチュリーホームは「ニッポンの家は高すぎる」が創業理念のハウスメーカーです。

センチュリーホームのローコスト住宅の特長

  • ・間取りパターンが637種類ある
  • ・徹底したコストカットで坪単価30万円台を実現
  • ・独自工法で耐震性の高い家を提供

センチュリーホームは材料の現金仕入れ、計画生産による在庫リスクの回避、木造注文住宅のみに専念するなど、良い住宅を提供するために徹底したコスト削減の姿勢を貫いています。
間取りは637パターンあり、ローコスト住宅とは思えない驚異のラインナップです。

高断熱・高耐震にもこだわり、これまで培ってきたノウハウを活かして独自の工法を開発。
東日本大震災による地震倒壊ゼロなど、確かな技術力で安心安全な住宅を提供しています。

10位:アエラホーム (坪単価50万~80万円)

アエラホームは創業55年以上の歴史を誇るハウスメーカーです。

アエラホームのローコスト住宅の特長

  • ・高気密・高断熱な家をローコストで提供
  • ・優れた省エネ性能で光熱費も抑える
  • ・20坪なら1,000万円台の家づくりが可能

有名な「アルミで包んだ家」は高気密・高断熱性能で、夏は涼しく冬は暖かい快適な住まいを実現します。加えてCO2排出量を削減し、光熱費も抑えられることから省エネ。高性能で環境に優しいことから2019年まで7年連続「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を受賞しています。
アエラホームのローコスト住宅は「プレスト~さきがけ~」です。主力商品「クラージュ」をベースに、よりリーズナブルな価格帯で建てられます。高気密・高断熱性能もそのまま引き継いでいるのもポイントです。

もう少しローコストで新築を建設したかったというのが本音ですが、平屋希望だったので、建築面積がどうしても二階建ての家より広くなってしまい、増額に繋がりました。キッチンはどうしてもこだわりのステンレスキッチンがよかったので、それを金額の中で採用できたのは良かったです。

sankaku_home

ローコスト住宅の一括資料請求はLIFULL HOME’Sがおすすめ

「ネットでローコスト住宅メーカーの情報を調べたけど、実際どこで問い合わせたらいいかわからない…」という人には、LIFULL HOME’Sカタログ一括請求サービスがおすすめです。

LIFULL HOME’Sなら、全国のローコスト住宅を扱うハウスメーカーのみを絞り込んで、カタログを一括請求することが可能!「1000万円台」や「2,000万円~2,500万円」など、細かい希望価格帯も指定できます。

一社一社へ面倒な問い合わせをする必要もないですし、カタログ請求は全て無料です。ネットで見るよりも詳細なプランや間取りが記載されているので、住みたい家をより具体的にイメージできますよ。

カタログを6~7社取り寄せて比較し、その中から気になった住宅会社の展示場に行ったり、詳しい見積もりを出してもらうとスムーズです。

資料請求は3ステップのみ!5~10分ほどで請求が完了します。

もし、カタログよりも詳しい見積りや間取りプランが欲しい方は、タウンライフ家づくりの利用がおすすめです!

ローコスト住宅のメリット

では、ローコスト住宅を建てる際、どのようなメリットがあるのでしょうか?
以下で、ローコスト住宅ならではの利点を見てみましょう。

費用の負担を減らせる

「費用の負担が低い」というのは、ローコスト住宅最大のメリットです。ローコスト住宅は1,000万円台から建てることが可能で、一般的な注文住宅の相場よりも2、3割安く済むこともあります。(2021年のフラット35利用調査によると、全国の注文住宅の相場は、土地なしの場合で3,569万円)

費用が安いので、資金に余裕のない若年層や子供が独立したあとの世帯など、さまざまな方が購入可能です。浮いた分の費用を土地代に回したり、ライフステージの為の貯蓄に回したりできるので、ライフプランの選択肢も広がります。

工期が短いので移住費用が浮く

建材が規格化されているので「工期が短い」というのも、ローコスト住宅のメリットです。
一般的な注文住宅の場合、着工から完成、引き渡しとなるまでには4〜6ヶ月がかかります。対して、ローコスト住宅であれば、最短3ヶ月程度で引き渡しが可能。

転勤や進学など、「この時期までに入居したい」という希望がある方にはありがたいですよね。また、家が建つまでの期間が短いので、「仮住まいの賃貸料金を抑えられる」という利点もあります。

建て替え・リフォームがしやすい

ローコスト住宅は、建て替えやリフォームもしやすいのがメリットです。
先述の通り、ローコスト住宅は一般的な注文住宅よりも2、3割ほど安い値段で建てることが可能。そのため、「建て替えための資金を溜めておく」ということもできるわけです。住宅ローンの返済に伴う金銭負担が軽いので、思いきった建て替えの決断もしやすいといえます。

また間取りがシンプルにできているため、建て替えまでしなくとも、ライフスタイルの変化に合わせて間仕切りを減らす・増やすなどのリフォームもしやすいです。

ローコスト住宅のデメリット

メリットが目立つローコスト住宅ですが、デメリットがないわけではありません。
ローコスト住宅を建てる前に知っておくべきデメリットについてまとめます。

プランがある程度決まっており自由度が低い

ローコスト住宅では、コストを削減するために建材や設備がある程度規格化されています。そのため選択の幅は狭く、「もっとこうしたい」という家づくりに対するこだわりを活かしきれないことも。

また、使われる部材や設備が一般的な注文住宅に比べて低グレードにあたるため、どうしても見劣りしてしまうという、というのもデメリットです。

耐熱・耐震・耐久性が劣る

ローコスト住宅では、建材や工法などに対してコストの削減を行うため、どうしても一般的な注文住宅より「耐熱・耐震・耐久性が劣る」というデメリットがあります。

国の定める建築基準法は満たしているものの、「来る震災・災害に向けて安心できる家を建てたい」と考えている方には、少々不安が残るかもしれません。

重視したいのは「費用の安さ」なのか、「家の耐久性なのか」など優先順位を付け、自己資金のバランスも考えて決断するのがいいでしょう。

メンテナンス費用が高い

ローコスト住宅は建材や設備のグレードが低いため、一般的な注文住宅よりも短期間でメンテナンスが必要になるケースが多いです。その結果、ローコスト住宅のほうがメンテナンス費用は高く付いてしまう場合もあります。

ローコスト住宅を購入する場合は、ライフステージに合わせた住み替えや建て直しをあらかじめ計画しておくなど、長期的な視点を持つのがおすすめです。

ローコスト住宅が安い理由は?

そもそも、ローコスト住宅はなぜ一般的な注文住宅よりも安い費用で建てることが可能なのでしょうか?その主な理由として、以下の4つが挙げられます。

  • ・仕入れの工夫で材料費の削減
  • ・設備のメーカー統一、グレードを下げて低コストで提供
  • ・シンプルな設計やプランの規格化で材料費・人件費を抑える
  • ・広告は極力打たない

ローコスト住宅メーカーは、「建材や設備のグレードを下げる」、「規格化することで人件費を削る」など、家にかかる費用を必要最低限にすることで1,000万円台から買える家を実現しています。

ローコスト住宅が安い理由に関する詳細な解説は、こちらの記事もどうぞ。

【関連記事】ローコスト住宅ってなに?安い理由や購入前の注意点を解説!

まとめ

1,000万円台でも希望の住宅を建てられるのがローコスト住宅の魅力です。

ただ希望の住宅にするためには会社選びは重要ポイント。注文住宅の失敗談では会社選びをもっとやっておけばよかった…という人も少なからずいます。

多くの方にとってマイホーム購入は人生で一番高い買い物であり、一生に一度のこと。
安いからといって安易に決めてしまって後悔することは避けたいものです。

ローコスト住宅で後悔しないために、安さだけで決めず十分比較検討して、予算内でできる限り要望が叶えられる住宅を建てている住宅メーカー探し出すことが大切です。

【関連記事】
ローコスト住宅でよくある後悔と対処法

ローコスト住宅の間取りのポイントを徹底解説!