性能と仕様

人と住まい、そして環境のための「断熱」【入門編】

公開日 2019/04/23(火)

更新日 2019/04/23(火)

この記事のポイント

  • 断熱性能の高さは家の満足度に直結する!
  • 高断熱な省エネ住宅は地球にも家計にもやさしい
  • 不向きな場合や施工の質など注意点もある

断熱性能の高さは家の満足度に直結する!

一年中快適で健康に暮らせる高断熱の家

現代の住宅にとって「断熱」という機能は、「夏涼しくて冬暖かい」住まいを実現する上で不可欠なものといえます。
壁、床、天井、窓をしっかりと断熱・気密した高断熱高気密住宅は、冬も夏も少しの冷暖房エネルギーで快適な室温を維持。また、冬場のヒートショックや夏場の熱中症といったリスクを低減し、住む人の健康を守る役割も果たします。

高断熱と高気密はワンセットで考える

断熱化の効果を上げるには、併せて気密化が欠かせません。気密化がなされていない場合、隙間風で熱が移動してしまいます。
また、床下から入る湿気を帯びた空気や室内の蒸気が壁内部に入ると、断熱されていない部分で住まいの大敵である「結露」を起こす原因に。これらを防ぐためにも、断熱化と気密化はセットで考えるべきといえます。

見逃しがちな重要ポイント「換気」

2003年の建築基準法改正ですべての新築住宅に導入が義務づけられたのが、「24時間換気システム」です。
換気システムが計画通りに機能する家は、空気の入れ替えが効果的に行われるため、家の中に汚れた空気を残しません。必要な部屋に、目的に合った換気扇を適切に設置すれば、住まいや健康への影響を軽減させることができます。

格言

高断熱な省エネ住宅は地球にも家計にもやさしい

国の省エネ対策によって産業部門のCO2排出量は削減されていますが、一方で一般家庭から排出されるCO2排出量は増加しています。今や家庭の省エネは、環境を考える上での重要課題といっても過言ではありません。
高断熱高気密の家は家庭での省エネが見込めるだけでなく、冷暖房のコストも減らせるので、環境にも家計にもやさしい家といえるのです。

合わせて知っておきたい豆知識

不向きな場合や施工の質など注意点もある

地域やライフスタイルによっては向かないことも

高断熱高気密の利点は、家の中の温度を常に一定に保てるという点です。しかし風通しの良さを重視したい、窓を大きく作りたいなどライフスタイルにこだわりがある方や、地域の気候や環境によっては不向きな場合があります。
工務店やハウスメーカーによっても推奨しているところとそうでないところがあるので、導入の際は施工会社とよく相談してください。

良い施工会社を見極めるポイントは「気密性能」

実は高断熱の施工は技術的に難しいものではありません。一方、気密性を上げるための施工には現場の職人の技術力や、高い施工精度が必要となります。
気密性能に自信のある施工会社は、工事中に気密測定を数回行い、その結果をきちんと提示してくれます。逆に、この測定をやりたがらない会社は施工に自信がない可能性があるので、慎重に見極めましょう。

見えない箇所だからこそしっかり検討すべし!

家の断熱加工や高気密化などは、住んでいても普段は目に見えません。多くの人はこういった部分をよく検討せずに決めてしまい、家を建ててから後悔したり、気になる部分を見つけたりしています。
見えない箇所は「縁の下の力持ち」。家の性能を大きく左右する重要なポイントとして、間取りやデザインと同じようにしっかり検討しましょう。

関連記事