エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

【営業・設計との打ち合わせに必須!】家づくりのインスタ活用法&ハッシュタグを解説

Instagram インスタ ハッシュタグ 住宅会社 家づくり 情報収集 注文住宅 2021.10.26
【営業・設計との打ち合わせに必須!】家づくりのインスタ活用法&ハッシュタグを解説

家づくりや注文住宅を建てる際、Instagram (インスタグラム)で情報収集する人が増えていますが、住宅会社との打ち合わせでも大活躍!ましてや、打ち合わせに使わないのはもったいないです。そこで今回は、家づくりの打ち合わせでのInstagram (インスタグラム)活用法と使えるハッシュタグをご紹介します。

なぜインスタは家づくりで活用されるのか?

いまや家づくりの情報収集源と言っても過言ではInstagram(インスタグラム)。その最たる理由は使いやすさです。家づくりに関する専門用語がわからなくても、一般名称をハッシュタグにして検索すれば瞬時にさまざまな種類や事例を見つけられます。そこから、自分の気に入るイメージを見つけることが可能。同時に、関連用語や細かい名称も知ることができます。

例えば「床材」をハッシュタグにして検索し、表示された画像の中から気になった画像を開いてみると、他のハッシュタグも記載されていることがほとんど。「#無垢床」「#ナラ材」など、その画像から新たな情報をゲットできます。そして、新たに見つけたハッシュタグで気になるものを検索すればさらに事細かに検索できますし、ハッシュタグ自体をフォローすれば自分のタイムラインに表示されるようになります。

インターネットの検索は基本的にキーワードありき。関連する言葉をいくつか羅列して検索し、その中から自分の好みの画像や情報を見つけていきます。しかし、専門用語がわからないと自分のイメージするものにたどり着くまでに時間がかかる場合も。それに対してInstagram(インスタグラム)は即時に表示されるので、短時間でどんどん情報を得ることができるのです。

住宅会社との打ち合わせでしたいインスタ活用法

Instagram (インスタグラム)の便利さを改めて知ったところで、住宅会社の打ち合わせでの活用法をご紹介します。家づくりで失敗しないためにも、活用法は押さえておくべき!ミニークの独自調査でも、打ち合わせでInstagram (インスタグラム)を使ったオーナーは多数。実際のオーナーの体験談も踏まえて、活用法をご紹介します。

住宅会社との打ち合わせで使えるインスタ活用法1:理想のイメージややりたいことをシェア

住宅会社側にマイホームのイメージややりたいことなどを伝えるには画像を見せるのが効果的です。日頃から理想のイメージや希望の画像を保存したら、営業や設計士にシェアしましょう。その場で見せただけでは先方も記憶が薄らいでいくからです。画像の右下にあるリボンのようなマークをタップすれば保存できます。

  • インスタ画像のフォルダ分け

保存した投稿を見やすくするためにはフォルダ分けをしましょう。フォルダ分けは下記の順で保存できます。

マイページの右上にある三本線をタップ→「保存済み」をタップ→「保存済み」ページの右上にある「+」マークをタップ→「新規コレクション」と出るのでコレクション名(フォルダ名)を記入→「次へ」をタップ→保存した投稿が一覧表示されるので、コレクションに追加したい画像を選択して「完了」

この手順で保存ができます。住宅の場所ごと、建材ごとに分類するとすぐに見つけられて便利ですよ。

  • 保存したインスタ画像のシェア方法

保存画像をシェアする方法はいくつかあります。大きく分けてやり方は3つあります。

1、DMでシェア
「保存済み」画面からシェアしたい画像または動画を表示。画像の左下にある飛行機マークをタップ→「宛先を指定してシェア」をタップ→送信する相手を選択して「送信」→相手に保存画像のURLが届く。

2、メールでシェア
保存画像の右上にある「•••」から「リンクをコピー」をタップ→そのままメール画面を開いて、リンクをペーストすればOK。

3、他アプリでシェア
画像の左下にある飛行機マークをタップ→「宛先を指定してシェア」(または別のアプリ名シェア」をタップ→送信する相手を選択して「送信」→相手に保存画像のURLが届く。

このようにメールや他アプリでもシェアできるので、相手に合わせた形でシェアしてみてください。

営業や設計士との共有に使えるハッシュタグ

やりたいことやイメージを伝える際に役立つハッシュタグを集めました。下記で外観・内装・間取りについて網羅できます。

#リビング #キッチン など各名称をハッシュタグ にする
#収納
#収納アイデア
#内装
#内装デザイン
#間取り
#間取り図
#外壁
#外壁デザイン
#動線

また、海外風の家を建てたい人には国内の事例では物足りないことも。その場合は英語のハッシュタグで検索してみましょう。使える英語のハッシュタグは下記のとおりです。

家づくり全般に活用できる英語ハッシュタグ

#homedecor
#instahome
#interior
#interiordecor 
#interiordesign 
#interiorideas
#interiorstyling

リビングに活用できる英語ハッシュタグ

#livingroom 
#livingroominspiration 
#livingroomideas 
#livingroomlove
#interiordecor
#interiorstyling
#mylvngrm

キッチンに活用できる英語ハッシュタグ

#kitchen 
#kitchendesign
#kitchendecor
#kitcheninterior
#mykitchen

寝室に活用できる英語ハッシュタグ

#bedroom
#bedroomdecor
#bedroomdesign
#mybedroom

トイレ、洗面室、浴室に活用できる英語ハッシュタグ 

#bathroom
#bathroomdecor
#bathroomdesign
#toilet
#toiletdesign

玄関に活用できる英語ハッシュタグ 

#entrance
#entorancedecor
#entorancedesign
#entorancehall

外観に活用できる英語ハッシュタグ 

#exterior
#exteriordecor
#exteriordesign
#exteriors

住宅会社との打ち合わせで使えるインスタ活用法2:打ち合わせ中に気になったアイテムを検索

壁紙や床材、タイルなどの面積を広く占める物はサンプルだけで判断するのは難しいですよね。また、実物がないときに決めるのも至難の技。注文住宅は自由に選べるからこそ、建材や設備選びでは失敗したくないところです。

家づくりの失敗対策として、打ち合わせ中に気になるアイテムの品名や品番をハッシュタグ にして調べる人が多いです。事例写真を見られるので全体のイメージがわかったり、メンテナンス方法や使い勝手がわかったりなど参考になる情報を集められます。家づくりで失敗しないためにも、気になるアイテムは事例写真を見てイメージを掴みましょう。

住宅会社との打ち合わせで使えるインスタ活用法3:住宅会社の交渉に使える!? 

ただやりたいことを伝えるだけでなく、Instagram (インスタグラム)は住宅会社との交渉に使えることもあります。

自分のやりたいことや希望を伝えるも、住宅会社によっては「No!」というところもありますよね。しかし、本当にできないのか疑問に思ったら、住宅会社をハッシュタグして自分の希望を叶えている家があるのかをチェックするのも手。ダメと言われたものの、支店や担当者によっては対応している場合があります。

どうしても諦められない希望があったら、取り入れている事例を見つけて交渉してみるのもあり!「インスタではやっている人を見たんですけど…」と交渉材料として見せて、説得する機会を作ることができます。やりたい間取りや取り扱っていない建材・設備の採用などの交渉に活用してみましょう。

大手ハウスメーカーになると莫大な数になって難しいですが、支店名や展示場まで含めたハッシュタグなら見つかる可能性があるかも?逆に地元密着型工務店なら、見つかる確率は高まります。

インスタなら住宅会社との相性確認にも○

Instagram (インスタグラム)は契約前の住宅会社との相性確認にも活用できます。検討している住宅会社やその支店をハッシュタグにして建築事例を見て自分の好みのデザインなのかを見極めたり、営業担当の評判を確認したり。住宅会社との契約前の情報収集として活用してみるのもおすすめです。

住宅会社全体の評判を確認したいときに伝えるハッシュタグ 

営業担当やその住宅会社全体についての評判を確認する際には、住宅会社をハッシュタグ にする以外に下記のハッシュタグでも確認できます。

#後悔ポイント
#家づくり記録
#家づくりのアドバイス
#家づくりの記録
#マイホーム記録
#マイホーム計画
#住宅会社選び
#住宅会社の決め手
#ハウスメーカー選び
#ハウスメーカー比較
#工務店選び
#工務店探し

まとめ

このようにInstagram (インスタグラム)は契約前の住宅会社選びから家づくりの情報収集、打ち合わせ中までとさまざまシーンで活用できます。ぜひ自分の家づくりの段階に応じて活用してみてくださいね。マイホームで失敗しないためにも今回の記事が参考になりましたら幸いです。