エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

東京で鉄骨・鉄筋コンクリートの家が建てられるハウスメーカー・工務店7選

戸建て 東京都 注文住宅 鉄筋コンクリート造 鉄骨造 2021.11.26
東京で鉄骨・鉄筋コンクリートの家が建てられるハウスメーカー・工務店7選

モダンな外観や耐震などの観点から人気を集める鉄骨・鉄筋コンクートの家。同じ鉄骨・鉄筋コンクリートといっても各社特徴が異なり、住宅会社に迷う人も多いはずです。そこで今回は、鉄骨・鉄筋コンクリートの違いから、東京で鉄骨・鉄筋コンクートの家を建てられる住宅会社をご紹介します。

鉄骨・鉄筋コンクリートの特徴

同じ鉄を使っていると聞くと鉄骨も鉄筋コンクリートも似ていると思うかもしれませんが、そんなことはありません!ここでは鉄骨と鉄筋コンクリートの特徴をご紹介します。

鉄骨造(S造)

鉄骨造とは鉄を柱や梁に使った建物のことで、軽量鉄骨と重量鉄骨の2種類があります。軽量鉄骨は鋼材の厚みが6mm未満、重量鉄骨は6mm以上のものをいいます。軽量鉄骨は一般住宅や賃貸マンション、重量鉄骨は高層マンションやビルに使われます。

メリットとしては軽量・重量ともに耐震性があります。ただ、耐火性でいうと軽量鉄骨よりも重量鉄骨のほうが高いです。どちらも工場で作られるので木造と比べて部材に品質の差がありません。軽量鉄骨は軽くて扱いやすいので工期を短くでき、コストを抑えられるのがメリット。重量鉄骨のほうがコストはかかりますが、柱・梁の強度が高いので大空間・大開口を叶えられます。

鉄筋コンクリート造(RC造)

鉄筋コンクリート造とは、鉄筋で組み上げた枠組みの中にコンクリートを流し込んで固める工法のこと。耐久性が高い分、コストも高くなります。耐震性・耐火性・遮音性・断熱性が高く、コンクリートの特性を活かした曲線などもできたりと、デザインの自由度が高いことも特徴です。

東京で鉄骨・鉄筋コンクリートの家が建てられるハウスメーカー・工務店をご紹介!

鉄骨造・鉄筋コンクリート造の特徴がわかったところで、東京で鉄骨・鉄筋コンクリートの家を建てられるハウスメーカーと工務店をご紹介します。各社強みや特徴が異なるので、自分が求める希望を叶えられるのかを確認しながら見てみてください。

積水ハウス

・軽量、重量ともに独自工法で優れた耐震性
・見た目にもこだわった外壁「ダインコンクリート」
・大開口・大空間を叶える「ファミリースイート」

国内ハウスメーカーを代表する積水ハウス。「I S(イズ)」シリーズや「 Be(ビー)」シリーズなどの1・2階建が軽量鉄骨造、「BIENA(ビエナ)」「BEREO PLUS(べレオプラス)」の3・4階建が重量鉄骨造です。

軽量鉄骨造は「シーカス」という制振装置を組み込み、震度7クラスの地震にも対応する構造。重量鉄骨造の構造は「フレキシブルβシステム」といって60mの高層ビルと同じ耐震基準で、あらゆる角度からの振動を対処します。

また、独自開発外壁「ダインコンクリート」は高強度・高耐久はもちろん、彫刻のような美しいデザインで、全6種類あります。

積水ハウスで有名なのが「ファミリースイート」。大開口・大空間を叶える独自技術によって、開放感があるゆったりした空間を叶えます。

RCdesign(アールシーデザイン)

・工期を短縮できるFRP製型枠と断熱材を使用する型枠システム
・木造軸組工法(在来工法)の経験ある施工スタッフも
・セミオーダー型住宅もご用意

東京都板橋区に本社を構えるRCdesign(アールシーデザイン)。こちらの鉄筋コンクリート住宅はFRP製型枠と断熱材を使用する型枠システムがベースとなっています。この型枠システムによって工期の短縮が可能に。施工スタッフは木造軸組工法(在来工法)の経験も積んでいるので、斜めの屋根や円形の型枠などの組み立てもできるため、デザインにも活かされます。また、コンクリートの打設時にも同じスタッフが担当するという徹底ぶり。

鉄筋コンクリートの家は決して安くはないため諦めてしまう人がいることを受け、セミオーダー型住宅「RC Executive SELECTION」も用意しています。予算に応じて選べる、お客様目線を一番に考えた会社です。

セキスイハイム

・工期が早いユニット工法
・鉄骨ラーメン構造などの優れた耐震性、地震倒壊はゼロ!
・太陽光発電パネルなど創エネ設備が充実

鉄骨系住宅で有名なのがセキスイハイム。独自のユニット工法が有名で、工場で家の約80%を完成させるので工期を短縮できます。

オーナーの大半が決め手にしたと話すのが、優れた耐震性です。その秘密は鉄骨ラーメン構造ユニット。鉄骨ラーメン構造とは溶接加工によって柱や梁を一体化させた工法のことで、高層ビルでも用いられています。セキスイハイムでは溶接部分にジョイントピースを用いているため、より強固なものとなっているのです。

優れた耐震性を物語るのが地震倒壊数。阪神淡路大震災から熊本地震まで、地震倒壊はなんとゼロ!このことから「耐震性=セキスイハイム」というイメージが確固たるものになったといえます。

また、省エネ住宅であることもウリにしていて、太陽光発電パネルをはじめ創エネ設備なども充実しています。

山川設計

・優れたデザイン力が魅力、初回打ち合わせで見せられるデッサン画で決める人も
・施主を思いやったコスト管理
・耐久性と気品あるデザインを叶えるロートアイアンを使用

鉄筋コンクリート造の家を手がける山川設計はデザイン力に定評あり。最初の提案では外観デッサンを披露しています。このデッサンを見て決めてしまう人が多いとのこと。

コスト管理がしっかりしているのも特徴の一つです。設計事務所では珍しく、見積もりは工務店任せではなく自社で作成し、フィリピンに構える自社工場では建材を制作するなど、施主にとってより良い家づくりができることを第一に考えています。

また、山川設計ではロートアイアンを採用。ロートアイアンは中世ヨーロッパでドアや門扉、窓枠に使われていた建材で、優美で気品あるデザインを叶えるアイテム。耐久性にも優れていることも魅力です。モダン、ヨーロピアンテイストの家にしたい人にはぴったりの住宅会社と言えます。

朝日建設

・施工エリアは東京以外には神奈川
・継ぎ目のない一体構造で耐震性、耐久性に自信あり
・自由度が高い設計でライフスタイルに合わせた家を建てられる

神奈川県相模原市に本社を構える朝日建設の施工エリアは東京・神奈川。木造住宅と鉄筋コンクリート住宅を手がけています。鉄筋コンクリート住宅は耐震性・耐久性に自信あり! その理由は「場所打ち」です。構造体は現場で作った型枠にコンクリートを流し込むので、継ぎ目のない一体構造となります。鉄筋コンクリート住宅は屋上を設けられるのも魅力の一つ。鉄筋コンクリート造だからこそできる家づくりと言えますね。

設計の自由度も高いことも朝日建設の特徴です。20帖以上のリビングや完全分離二世帯住宅、3階建てなど、ライフスタイルに合わせたの家を建てることができます。

アーネストアーキテクツ

・雑誌にも多数掲載される高級住宅を手がける設計事務所
・コンクリートの素材感を生かした美しいデザイン
・現場にはLIVEカメラを設置した目が届く管理体制を徹底

そのハイセンス・ハイクオリティなデザイン性でこれまで数多くの雑誌に取り上げられたアーネストアーキテクツ。高級住宅を手掛ける設計事務所です。その高いデザイン力が認められ、戸建て住宅以外にもリゾート施設・外国公館・ホテル・店舗・オフィス等の商業建築を手がけてきました。

鉄筋コンクリート住宅はどれも美術館のような仕上がり。コンクリートの素材感を活かしたラグジュアリーな家を建てられます。

工事中の配慮も抜群! 安心できる進捗報告や近隣・周辺環境に配慮した体制を徹底するため、なんと現場にはLIVEカメラを設置。こうすることで「目が届く」現場体制を徹底しています。

クレバリーホーム城東店

・施主目線で融通が利く3つのコンセプトを掲げる商品「M-LINE」
・重量鉄骨造、鉄骨と木造、鉄筋コンクリートと木造、3〜8階まで対応した鉄筋コンクリート造のラインアップ
・狭小地での家づくりも得意

クレバリーホーム城東店の商品「M-LINE」は、縦空間を活かした「10cmも無駄にしない家づくり」、お客様のご要望に合わせた「工法・構造にしばられない家づくり」、その土地が持つ可能性を引き出した「建物用途を限定しない家づくり」の3つがコンセプト。木造以外の構造は重量鉄骨造、鉄骨と木造の「混構造SW」、鉄筋コンクリートと木造の「混構造RCW」、3〜8階まで対応した鉄筋コンクリート造。また、狭小地の活用も得意としています。

まとめ

いかがでしたか。鉄骨・鉄筋コンクリートの家を建てると言っても違いは千差万別。住宅会社によって特徴が異なりますね。ぜひ今回の記事を参考に、自分に合う住宅会社を選んでみてください。皆様の参考になりましたなら幸いです。

▼他のエリアで鉄骨・鉄筋コンクリート造の家を建てられる住宅会社▼