https://minique.info/wmnqp/wp-content/themes/mnq

MINIQUE

背景色オレンジ
日本列島
MINIQUE

[ ミニーク ]

MINIQUE

お金と制度

自分にとってベストな住宅ローンをイベントで学ぼう2018【実践編】

2018/06/05(火)

この記事のポイント

  • 複雑で専門性の高い住宅ローンはプロに相談しながら検討すべし
  • イベントを活用して自分に合う返済計画をシュミレーションしよう
  • 金融機関か住宅会社か、主催者ごとにイベントの目的が違う?

複雑で専門性の高い住宅ローンはプロに相談しながら検討すべし

無理のない返済計画を立てるには専門的な知識が必要

住宅ローンに関する基礎知識は、書籍やWEBサイトから得られます。
しかし実際には金利変動や家庭の経済状況の変化など、返済期間中に起こり得るリスクを考慮して返済計画を立てなければなりません。こうした総合的な判断にはより専門的な知識が不可欠。そこを補ってくれるのがフィナンシャルプランナー(以下FP)などお金の専門家です。

減税制度や返済方法を検討する際はFPに相談を

高額な借り入れとなる住宅ローンには、減税制度やローンの借り換え、返済プランの組み合わせなど利用者の負担を減らす方法がいくつかあります。
しかしこれらの仕組みは複雑で、得られるメリットの度合いが個人で異なるほか、利用にもそれぞれ条件があります。自身の場合に当てはめて検討するには、独学よりもFPに相談したほうがスムーズです。

専門家から直接学べるイベントを積極的に活用しよう

住宅ローンはそれ自体の仕組みが難しいことに加え、金融情勢に左右されるという性質を持っています。そのため住宅ローン検討者は、常に最新の知識や情報を集め、理解しておく必要があります。
セミナーや勉強会、相談会は専門家や住宅ローン事情に精通している人から直接学べ、情報を得られる絶好の機会です。積極的に活用していきましょう。

MINIQUE格言

イベントを活用して自分に合う返済計画をシミュレーションしよう

住宅ローンの最終的な返済額は、もともとの借入額に金利タイプや借入期間、減税制度の利用の有無などさまざまな事項を加味して算出します。
セミナーや勉強会といったイベントに参加する際は、専門家のアドバイスを参考に返済のシミュレーションをしてみましょう。自分に合った返済計画がどんなものかイメージがつきやすく効果的です。

合わせて知っておきたい豆知識

金融機関か住宅会社か、主催元ごとにイベントの目的が違う?

参加する前にどこが主催しているイベントか確認する

住宅ローンに関するイベントには、銀行などの金融機関や住宅会社だけでなく、個人のFPが開催しているものもあります。
銀行であれば自行のローン商品の紹介が目的、住宅会社主催の場合でも提携金融機関への誘導など、どこが主催するかによってイベントの趣旨もさまざまです。参加の前にイベントの主催元を確認しておくといいでしょう。

自分の目的に合わせて主催元を選ぼう

金融機関主催のイベントは、すでにある程度の返済計画が固まり、借入先の絞り込みに進んでいる人に向いています。それに対し住宅会社やFP主催のイベントは、住宅購入を考え始めたばかりで情報収集中の人や、住宅ローンの基礎的なことを学びたい人向きです。
自分の得たい情報や目的に合わせて主催元を選び、効率的な参加を検討しましょう。

住宅会社がFPを呼んでセミナーを開催するケースも

住宅ローンのイベントで特に活用したいのが、住宅会社がFPを呼んで開催するセミナーや相談会です。こうしたイベントは返済計画を立てる上で参考になるのはもちろん、住宅会社のスタッフも参加しているので、性能や仕様といった建物自体の相談もできます。
住宅に関する総合的な情報を得られるので、マイホーム購入の大きな助けになるでしょう。

注文住宅・建売住宅購入をご検討ですか?

MINIQUE(ミニーク)なら地域や開催日、テーマから
評判の工務店・建築会社・ハウスメーカーの最新のイベント情報を
かんたんに検索・比較・予約できます。
今週末は、モデルハウスや住宅イベントへ足を運んでみませんか?