お金と制度

給付金・補助金・減税制度について学びたい! 2018【実践編】

公開日 2019/03/26(火)

更新日 2019/04/23(火)

この記事のポイント

  • まずはセミナーや相談会などに参加して情報収取
  • 年度の切り替え時は制度の切り替え時でもある
  • 常に情報をアップデートしている会社を選ぼう

まずはセミナーや相談会などに参加して情報収取

独学よりもプロを頼るほうが確実

給付金・補助金・減税制度には難しいことが多く、制度の変更なども都度あるため、独学で理解するのはなかなか大変です。
正しい知識を得るためには、やはりこの分野に詳しいフィナンシャルプランナーや住宅アドバイザーなど、プロを頼るのが確実。工務店やハウスメーカーが主催するセミナーなどに参加し、きちんと情報収取しましょう。

セミナー・相談会にはなるべく複数参加しよう

給付金・補助金・減税制度については、さまざまな工務店やハウスメーカー、金融機関がセミナーを開催しています。扱う内容は同じでも、各社ごとに説明や資料が違ったりセミナー自体の規模もさまざまだったりと、そこには各社の個性が出るものです。
参加する場合は1社だけでなく、なるべく複数の会社のセミナーに行ってみるといいでしょう。

「お金」「省エネ」など関連するワードにも注目

セミナーや相談会を探す場合は「給付金・補助金・減税制度」についてだけでなく、関連するワードにも注目してみましょう。
たとえば「省エネ住宅」のセミナーであれば、そこに関連する補助金や減税の話も聞けますし、家のイメージを具体化するのにも役立ちます。内容について事前に知りたい場合は、主催の会社に問い合わせてみるといいでしょう。

格言

年度の切り替え時は制度の切り替え時でもある

国や自治体が行う補助金事業は、年度ごとに条件や予算額、募集期間などが定められています。そのため年度の切り替えの時期には予算額が見直されたり、場合によっては補助金支給が終了したりと、制度に変更が加わる可能性があります。
セミナーや相談会ではこれらの現状についても詳しく聞けるので、上手に活用して情報収集しましょう。

合わせて知っておきたい豆知識

常に情報をアップデートしている会社を選ぼう

参加するなら制度の変更や最新情報に精通している会社のセミナー

ほとんどの工務店やハウスメーカーは、常に住宅に関する最新の情報を集め、それらをもとに家を建てたい人向けのセミナーや相談会を開催しています。しかし中には情報収集を怠っていたり、社内で情報共有ができていなかったりする会社も。
参加する際は開催概要が具体的なセミナーや、事前にいくつか質問し回答が明確な会社を選ぶといいでしょう。

セミナーや勉強会は会社を審査する場でもある!

どの会社もさまざまな趣向を凝らして、セミナーや相談会を開催しています。先にも書いたように、そこには各社の個性や理解度などが顕著に表れるため、家づくりのパートナーを選ぶという意味でも、なるべく複数の会社の様子を見るのが得策です。
自分に合う会社がどこなのか、セミナーや相談会を利用してよく検討してください。

気になることや詳細については個別に相談を

相談会は工務店やハウスメーカーの担当者と個別に話しをするものがほとんどですが、セミナーや勉強会の場合はほかの参加者の方と複数で話を聞くものが一般的です。
気になることやわからないことは会の中で質問してもいいのですが、長引くようであれば会の後で個別に相談するなど、進行の妨げにならないように気を付けましょう。

関連記事