お金と制度

金利? 審査? 住宅ローンの基本をわかりやすく解説2018【入門編】

公開日 2019/04/23(火)

更新日 2019/04/23(火)

この記事のポイント

  • 住宅ローンとは、家を担保にして金融機関から借りるお金のこと
  • 超低金利&住宅ローン減税は大きな魅力
  • 住宅ローンを組むにはローン審査の通過が必須

住宅ローンとは、家を担保にして金融機関から借りるお金のこと

住宅ローンは家の購入・増改築を目的とした金融サービス

人生でもっとも高い買い物といわれるマイホーム購入。費用をすべて資産(現金)でまかなえるケースは少なく、金融機関から借り入れをする人がほとんどです。
住宅ローンとは住宅の購入や増改築を目的とした金融サービスを指し、債務者は家を担保に必要な金額を借り入れ、20年~30年という長期にわたって少しずつ返済していきます。

住宅ローンの最終的な返済額は元金+利息分

住宅ローンの返済額は元金(借入額)だけでなく、元金に利息(手数料)を足した合計額になります。利息は元金に金利や借入期間をかけて算出されるもので、一律ではありません。
少額のキャッシングローンなどと違い、住宅ローンの金利・利息計算は非常に複雑な仕組みになっています。この計算が住宅ローンの一番の要点といってもいいでしょう。

金利は変動によって利息額に大きな影響を及ぼす

住宅ローンの金利は国債の長期金利によって決まっています。長期金利は毎日変動しているため、それに基づいて住宅ローンの基準金利も半年に一回見直しが行われています。
金利は利息額を増減させる重要な役割を担うもの。金利が低い時期は低利息となりますが、その逆も起こり得るリスクがあるため、ローンを組む際は慎重な検討が必要です。

格言

超低金利&住宅ローン減税は大きな魅力

ここ数年は住宅ローンの超低金利が続いている状態です。さらに住宅ローンを利用するとローン減税が適用されるので、借入から10年間、ローン残高の1%を上限に納めた所得税が(住民税の一部も)控除されます。
この2つの利点は住宅購入者にとって大きな魅力。特に資金面で不安を感じている人にとっては、検討に適した時期といえるでしょう。

合わせて知っておきたい豆知識

住宅ローンを組むにはローン審査の通過が必須

確実にローンを返済できるか審査される

住宅ローンを組むには、金融機関と信用保証会社が実施するローン審査を受ける必要があります。審査基準は各機関によって異なりますが、借入時年齢、完済時年齢、健康状態、担保評価、勤続状況、年収などローンを確実に返済できるかどうかが重視されます。
なお審査に通らない場合の原因としては、すでに負債がある、納税遅延などが挙げられます。

ローン審査は「事前審査」と「本審査」の2段階で行われる

住宅ローンの審査には「事前審査(仮審査)」と「本審査」の2段階があり、「事前審査」は物件価格や工事金額がある程度決まった時点で、銀行などの金融機関が行います。この事前審査の終了後に信用保証会社が行うのが「本審査」です。
事前審査と本審査では審査内容が異なるため、事前審査に通っても本審査で不承認とされる場合もあります。

審査に通らなくてもあきらめる必要はない!?

事前審査、または本審査で不認可とされても、そこであきらめる必要はありません。ローン審査の基準は各機関で異なるため、別のところでは認可される可能性があるからです。
まずは不認可の原因を考え、改善点などを洗い出しましょう。返済負担率の見直しなどは、フィナンシャルアドバイザーなどお金に関する専門家に相談するとより確実です。

関連記事