土地

家を建てる前に要チェック! 地盤のあれこれ【入門編】

公開日 2019/04/23(火)

更新日 2019/04/23(火)

この記事のポイント

  • 「地盤」は土地の広さや周辺環境と同じくらい重要
  • 価格や広さだけでなく地盤の強さも土地の大切な要素である
  • 埋立地や盛土・切土でつくられた土地は地盤が弱い可能性も

「地盤」は土地の広さや周辺環境と同じくらい重要

地盤によっては改良工事の費用がかかる

家を建てるには土地が必要です。しかし場所によっては地盤が悪く、そのままでは家の建築に適さないという土地もあります。その場合「地盤改良」が必要となり、建物にかかる費用とは別に改良工事費が発生します。
土地探しにおいて多くの人は土地の広さや価格、利便性などに着目しがちですが、それらと同じくらい地盤の強さや状態も重要なのです。

建てる家の構造によって地盤改良が必要かどうか変わる

地盤改良工事の必要性は、建てようとする家の構造によって異なります。たとえば木造建築やS造(鉄骨造)などの比較的重量が軽い建物であれば、地盤改良の必要が無い場合もあります。
しかし同じ場所でもRC造(鉄筋コンクリート造)など重量のある家を建てるのであれば、地盤が耐えられない可能性があり、改良工事が必要となるでしょう。

日本は地震大国! 耐震性を考慮して土地選びを

日本は地震の多い国です。そのため住宅の耐震性は非常に重要な事項となります。
地震に対する地盤の弱さを示す数値に「表層地盤増幅率」というものがあります。これは地震が発生した際、地表面近くの地層の揺れの大きさを数値化したもので、数値が大きいほどリスクが高いといわれています。土地を選ぶ際はこうした点も考慮に入れましょう。

格言

価格や広さだけでなく地盤の強さも土地の大切な要素である

土地を選ぶ際、価格や広さだけを見て決めるのは非常に危険です。家は何十年と長く使うもの。まずはきちんと地盤の状態を調べて、問題がないか確認しましょう。
地盤の状態を調べるには国土交通省や各自治体が公表している情報、民間企業が提供している地盤に関するデータ、または地元の不動産業者の事例を参考にするという方法があります。

合わせて知っておきたい豆知識

埋立地や盛土・切土でつくられた土地は地盤が弱い可能性も

「埋立地」は災害時に液状化するリスクをはらむ

一般的に海や川、沼を埋め立ててつくられた土地は、地震発生の際に液状化が起こる可能性が高いといわれています。最近は湾岸エリアなど埋立地の開発が盛んですが、やはり台地などと比べると地盤の緩さは否めません。
ただし埋め立てられた時期によっても強度は変わります。ハザードマップなどを参考にする際は、工事時期も併せて確認しましょう。

「盛土・切土」された土地には不同沈下の可能性が

平地の少ない日本では、傾斜地に建つ家も少なくありません。傾斜地に家を建てる場合は、斜面を削ったり(切土)土を盛ったり(盛土)して平らな土地を造成します。
しかしこうした造成地は十分な締固めや擁壁工事を行わないと、盛土と切土の間に不同沈下(建物の傾き)が生じる恐れがあるため、十分な注意と確認が必要と覚えておきましょう。

建売住宅の場合も地盤のチェックをおろそかにしない!

注文住宅の場合、地盤のチェックは土地探しとセットとして考えやすいのですが、土地と建物があわせて販売されている建売住宅ではどうしても販売業者任せになりがちです。
住宅購入は大きな買い物。あとになって不備が見つかると大変な損失となります。物件選びの際は地盤についてもよく確認し、販売業者からもきちんと説明を受けましょう。

関連記事