https://minique.info/wmnqp/wp-content/themes/mnq

MINIQUE

背景色オレンジ
日本列島
MINIQUE

[ ミニーク ]

MINIQUE

土地

土地の所有権・借地権で悩んだら住宅イベントへ【実践編】

2018/07/05(木)

この記事のポイント

  • 所有権か借地権かは専門家の意見を参考にするべし
  • 取扱件数の少ない借地権の物件情報に敏感になろう
  • 住宅イベントで知識を得て情報網を広げる!

所有権か借地権かは専門家の意見を参考にするべし

土地を所有する「所有権」か、土地を借りる「借地権」か

住宅の建築、購入にあたっては当然土地が必要となります。土地の入手は売買、譲渡、贈与などの権利をもつ「所有権」による取引がほとんどですが、中には土地を借りるという選択も。それが「借地権」です。
所有権に比べ借地権の取引件数はかなり少なく、複雑な制度もあるので、住宅イベントなどで情報を集めておくといいでしょう。

都心住まいを望むなら借地権を検討するのもアリ

土地価格の高い都心部での住宅購入は、費用面での負担が大きくなりがちです。しかし借地権であれば土地代が抑えられるため、低予算で検討できるようになります。
実際、借地権の取引が多いのも都心部です。これは地主側に「価値の高い土地を売却せずに活用したい」というニーズがあるから。借地権には貸す側にも借りる側にもメリットがあるのです。

迷ったら土地売買に詳しい専門家に相談を

所有権と借地権には、価格の差だけではなくさまざまなメリット・デメリットがあります。詳しく知るには、正しい知識や取引経験の豊富な専門家に相談するのが一番です。
土地の所有権と借地権に関する住宅イベントには、セミナーや勉強会のほか、現地見学会などもあります。自分に合ったイベントを探し、疑問点や不安を解消しておきましょう。

MINIQUE格言

取扱件数の少ない借地権の物件情報に敏感になろう

所有権の土地物件数に対し、借地権の土地物件はかなり少数です。そのため良い条件の物件が出ても、すぐに他で成約してしまうといったことが多々起こります。
物件情報を優先的に紹介してもらうには、不動産会社や住宅会社などにあらかじめ自分の希望を伝えておくのがベスト。信頼できる会社を見つけるためにも、住宅イベントを有効活用しましょう。

合わせて知っておきたい豆知識

住宅イベントで知識を得て情報網を広げる!

住宅イベントには地主向けと購入者向けがある

土地の所有権・借地権に関する住宅イベントには、これから住宅を入手しようという購入者向けのものと、既存の土地を有効活用しようという地主向けのものがあります。
基礎知識を学べるセミナーや勉強会には地主向けのものが多いのですが、ちゃんと購入者向けのものもあるので、開催の情報をきちんと調べ、見逃さないようにしましょう。

イベントを通じて会社の姿勢や力量を見極めよう

住宅イベントは知識を得るだけの場ではなく、主催する不動産会社や住宅会社の質を吟味する場でもあります。
特に土地の所有権・借地権のように複雑な制度を含む案件の場合、どこまで細かく丁寧に説明してくれるか、親身になって話を聞いてくれるかで、会社の姿勢や力量がわかるものです。信頼できる会社かどうかをしっかり見極めましょう。

参加者同士で情報交換するのも情報網を広げる手段のひとつ

自分と同じように土地の所有権・借地権について興味を持っているイベント参加者たちと情報交換するのも、有意義な方法です。不動産会社や住宅会社の担当と違い、営業的な含みを省いた話ができるので、より公正で客観的な情報が得られるでしょう。
情報網を広げる手段のひとつとして、住宅イベントを上手に活用してください。

注文住宅・建売住宅購入をご検討ですか?

MINIQUE(ミニーク)なら地域や開催日、テーマから
評判の工務店・建築会社・ハウスメーカーの最新のイベント情報を
かんたんに検索・比較・予約できます。
今週末は、モデルハウスや住宅イベントへ足を運んでみませんか?