エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

積水ハウスの商品別坪単価まとめ!気になる特徴や評判も紹介

ハウスメーカー 埼玉県 東京都 注文住宅 神奈川県 積水ハウス 2021.09.30
積水ハウス 坪単価

積水ハウスは戸建て住宅や分譲マンションなど幅広く手がける大手ハウスメーカーです。ハウスメーカーを検討する際、積水ハウスを候補に挙げる人は多いのではないでしょうか。
今回は、積水ハウスについて以下のトピックを解説します。

・積水ハウスの特徴
・積水ハウスの坪単価
・実際に建てた人の口コミ・評判

ぜひマイホームを建てるときの参考にしてください。

積水ハウスの家―4つの特徴

積水ハウス 坪単価 ロゴ
https://www.sekisuihouse.co.jp/

積水ハウスの家を特徴は、主に以下の4つにわけられます。

・業界最大手のハウスメーカー
・地震に強い家づくり
・豊富な商品ラインナップ
・高品質な標準仕様

1つずつ見ていきましょう。

特徴1:業界最大手のハウスメーカー

積水ハウスは1960年の創業以来、累計240万戸を超える家づくりを行ってきました(2020年1月時点)。また、北海道から四国・九州まで全国に営業所を持ち、現在も年間6万棟前後の引き渡し数を誇ります。

2018年には「住生活研究所」を設立。「人生100年時代」を前に、住まいの快適性や機能性、環境配慮性といった根幹のテーマに、生きがいやつながり、自分らしさといった新しい価値観を加えた「暮らしの幸せ」を研究しています。

企業規模や業界内のシェア数、住まいづくりへの取り組みの三拍子が揃った業界最大手のハウスメーカーです。

特徴2:地震に強い家づくり

積水ハウスの家は、独自の耐震技術を多く取り入れています。

その代表が、鉄骨住宅に採用されている地震動エネルギー吸収システム「シーカス」。シーカスの特殊ダンバーは地震のエネルギーを熱エネルギーに変換して吸収し、地震による建物の変形率を2分の1以下に抑えます。シーカスの免震システムは震度7クラスの大地震を想定して開発され、耐用年数は100年ともいわれています。

さきの阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震において、積水ハウスの家は1棟も全壊・半壊しませんでした。
鉄骨と木造の両方で高い耐震技術が導入されている積水ハウスの家は、マイホームの安全性を重視する人にとって大きな魅力といえるでしょう。

特徴3:豊富な商品ラインナップ

積水ハウスは、大手ハウスメーカーの中でも商品ラインナップが豊富です。そのため、坪単価の幅も広めになっています。
積水ハウスの鉄骨と木造の商品数は以下の通りです(2021年9月時点)。

シャーウッド(木造1~3階建て):7種類
鉄骨1・2階建て:5種類
鉄骨3・4階建て:2種類

また、積水ハウスは「邸別自由設計」にこだわっています。完全自由設計ではないものの、全国の積水ハウスの一級建築士が商品をベースに最適な住まいをプランニングします。

特徴4:高品質な標準仕様

積水ハウスの家は、商品のグレードに関わらず同一の耐久性・安全性・保証内容になっています。

例えば、積水ハウスの住宅は全棟で次世代省エネ基準を満たしています。また、先述した耐震技術も標準仕様です。ほかにも、30年間無料で点検を受けられる「初期30年保証制度」もついてきます。

他のハウスメーカーや工務店ではオプション扱いになってしまう耐久性や安全性、保証制度も、積水ハウスならば標準仕様内に収まります。積水ハウスの坪単価は他社に比べ高いと言われがちですが(後述)、高品質な標準仕様が一因でもあります。

積水ハウスの坪単価は?大手ハウスメーカーと比較

積水ハウスの坪単価は、およそ50万~100万といわれています。積水ハウスは商品数が多い分、坪単価も幅広い点が特徴です。
積水ハウスと比較されやすい他の大手ハウスメーカーの坪単価を一覧でまとめました。

ハウスメーカー坪単価
積水ハウス50万~100万円
ミサワホーム70万円~85万円
住友林業70万円~90万円
セキスイハイム60万円~80万円
三井ホーム65万円~75万円
パナソニックホームズ70万円~100万円
へーベルハウス70万円~90万円
大和ハウス60万円~80万円
三菱地所ホームズ70万~80万円
トヨタホーム50万~90万円
参考:https://www.housenews.jp/

積水ハウスの人気商品の坪単価

積水ハウス 商品 坪単価

ここからは、積水ハウスの人気商品ごとに坪単価を紹介していきます。

シャーウッド|坪単価75万~100万円

シャーウッドは自然素材を使った積水ハウスの木造住宅です。CMでよく流れているので、名前は知っているという人も多いのでは。

「木造で鉄骨並みの耐久性を」がテーマのシャーウッドは、木造軸組み工法をベースに、「ラーメン構造」と「モノコック構造」の長所をかけ合わせて開発されました。木造軸組み工法で唯一型式適合認定(※)された技術が震度7の大地震にも耐えうる頑丈さを実現しています。

シャーウッドの坪単価は75万円~100万円前後で、一般的な木造住宅の中では高めです。しかし優れた耐久性や省エネ性、デザイン性を兼ねそろえている点を考慮すると、決して高すぎることはありません。

※型式適合認定:同一の型式で量産される建築設備や、標準的な仕様書で建設される住宅の型式について、一定の建築基準に適合していると認定すること(参考:一般社団法人日本建築センター

ISシリーズ|坪単価80万~100万円

「イズ・ロイエ」「イズ・ステージ」に代表される鉄骨1・2階住宅のISシリーズ。坪単価は80万~100万円程度とされています。

ISシリーズをはじめ、積水ハウスの鉄骨住宅には免震システムの特殊ダンバー「シーカス」が採用されています。また外壁には水が侵入しにくい独立気泡の最高級外壁「ダインコンクリート」を使用。メンテナンスいらずの高い耐久性と耐水性が魅力です。

「イズ・ロイエ」よりも「イズ・ステージ」の方が坪単価が高い傾向にあり、100万円を超える場合も。
ISシリーズは積水ハウスの中でもハイエンドな商品のため、坪単価も高めに設定されています。

Beシリーズ|坪単価60万~80万円

Beシリーズは「ビー・サイエ」「ビー・モード」に代表される鉄骨1・2階住宅です。坪単価は60万~80万円程で、積水ハウスの家では比較的安い部類に入ります。

Beシリーズは「エコルデック」と「セラブリッド」の2種類から外壁を選べます。「エコルデック」は積水ハウスオリジナルの焼き物素材でできた外壁で、汚れやカビが付きにくく、メンテナンスフリーな点が魅力です。一方の「セラブリッド」は、セラミック素材を鉄板と鋼製フレームで挟んだハイブリッド構造の外壁。軽量ながら台風などの暴風や衝撃にも耐えうる頑丈さを誇ります。

坪単価は比較的リーズナブルですが、重厚で高級感のある外観が特徴です。

里楽(りらく)|坪単価70万~80万円

「里楽(りらく)」は、積水ハウスの木造平屋住宅。木の質感を五感で味わうような、シンプルで心地の良い空間が人気です。坪単価は70万~80万程で、積水ハウスの商品の中では標準的な価格設定になっています。

里楽(りらく)をはじめ積水ハウスの木造住宅は、独自開発した壁体内通気「デュアルベンチレーションシステム」を採用しています。これは壁の中に2層の空気層を設けることで戸外から入り込んだ湿気を排出し、室内を快適な温度と湿度に保つ画期的なシステムです。
木造住宅にとって湿気は大敵。デュアルベンチレーションシステムは家の耐久性を維持する上でも有効です。

平屋の季(とき)|坪単価50万~80万円

「平屋の季(とき)」は、鉄骨の平屋住宅坪単価は50万~80万円ほどで、積水ハウスの商品としてはリーズナブルな坪単価です。

木造住宅に比べ柱の数が少ないという鉄骨住宅の強みを活かし、ワンフロアながら開放感のある大空間を実現します。6寸切妻や5寸大屋根、2.5寸の緩勾配屋根など、施主のイメージに合わせたバラエティ豊かなデザインが魅力です。

積水ハウスの評判・クチコミ

では、MINIQUEが独自に調査した積水ハウスの評判とクチコミを見ていきましょう。

評判1:
積水ハウスはアフターの担当さんが決まっていて、毎回同じ方が来てくれます。(異動もありますが2年位は同じ方です。)毎回同じ方が来てくれることで、わが家のことを理解していただけていますし、安心感もあります。無料保証の期間もあるので金銭的にも安心です。何かあって連絡すると予定が合えば翌日には来てくれます。(建物費用6,000万円/40~50坪)

評判2:
工事中、建具に傷がついたら無償で変えてくれたし、IHクッキングヒーターに傷があるとわかると、メーカーから新しいものを取り寄せてくれました。いまだにやりとりがある程、良い関係を築けました。アフターメンテナンスも壁や床のちょっとした傷でも、すぐに来て対応してくれます。迅速な対応に感動します。(建物費用4,000~4,500万円/30~35坪)

評判3:
提案力がすごい方で、一番驚かされたのがバルコニーです。2階で緑が見られる生活を提案されて、それを叶えるためにバルコニーに穴を開けて1階に植えた木を通す手段をとりました。施工担当の皆さんは引き渡し後の不良箇所も迅速に対応してくれて、細かな部分まで相談に乗ってくれたので頼れる存在でした。30年間無料点検があるので今後も安心できます。(建物費用4,500万~5,000万円/35~40坪)

評判4:
極端な話ですが、仮にこっちがクレームのようなあり得ないことを言っても全部対応してくれます。家がある程度できた段階で、各箇所の火災報知器の位置が気に入らなかったんです。それを伝えると、壁紙を剥がして全部直してくれました。こういう対応をしてくれるので、高い金額でも納得できます。(建物費用3,000万~3,500万円/30~35坪)

積水ハウスは、とにかく施主からの評判が良い点が印象的でした。
提案力や建物自体の質の高さはもちろん、アフターサポートや施工時の対応への好意的な意見も目立ちます。30年もの長期無料点検が標準仕様に組み込まれているのは、大手ハウスメーカーの中では珍しいようです。

積水ハウスの坪単価まとめ

積水ハウスの家の特徴や、商品別の坪単価を紹介しました。
まとめると以下のようになります。

【積水ハウスの特徴】
・業界最大手のハウスメーカー
・地震に強い家づくり
・豊富な商品ラインナップ
・高品質な標準使用

【積水ハウスの坪単価】
・全体の坪単価は50万~100万
・商品数が多い分、坪単価の幅も広い

積水ハウスは大手ハウスメーカーの中では坪単価が高い方ですが、通常はオプション扱いになるような住宅設備や耐久性能が標準仕様に含まれています。そういった点を考慮すると、必ずしも「高すぎる」ということはありません。

丈夫で長持ちするマイホームをお探しの人は、積水ハウスの家を候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。