エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

東京で輸入住宅を取り扱うハウスメーカーおすすめ7選

ハウスメーカー 工務店 輸入住宅 2022.04.13

「海外風のお家に住みたい」「海外旅行で見た家が忘れられない!」「せっかく家を建てるなら、他にはないおしゃれな家にしたい!」と考える方から人気なのが輸入住宅です。

しかし、東京ではどのハウスメーカーが輸入住宅を建てているのか、どんなテイストの家を建てられるか、どこで建てれば安心できるかなど悩まれている方も多いでしょう。

そういった方に向けて、今回の記事では輸入住宅の人気スタイルや特徴なども解説しながら、東京で輸入住宅を取り扱っているおすすめハウスメーカーをご紹介します。

輸入住宅とは?

輸入住宅とは、海外の設計思想に基づき、輸入した資材を使用して海外の工法で建てられた住宅のこと。各国の生活様式や住まい方、文化、住宅に対する考え方を取り入れて建てられます。

例えば、「代々引き継げるようメンテナンスをしながら長く暮らす」「築年数が経つほどに価値が増すのが家の真髄」、また「家族との時間を大切にできる空間づくり」などの考えを取り入れています。

際たる特徴は目を引く外観や内装などのデザイン。また、ゆったりとくつろげる間取りなども特徴です。工法は面で支える「2×4(ツーバイフォー)」「木質パネル」が多いです。

輸入住宅の人気スタイル

輸入住宅といっても国をはじめ、エリアごとに細分化されていてその種類は実にさまざま。

今回は数ある種類の中から日本でも特に人気の高い北米スタイル北欧スタイル英国スタイルの輸入住宅をご紹介します。

北米スタイル

アメリカとカナダで見られる住宅が北米スタイルです。
はじまりは19世紀。当時ヨーロッパからアメリカへやって来た移民・開拓民によって作り上げられたものなので、ヨーロッパスタイルの要素を取り入れたものから懐かしさを感じる田舎風の家まで種類が豊富です。
例をあげると、アメリカンカントリーアーリーアメリカンショージアンなどが代表的。堅牢ながらも華麗さも含まれた建築です。

どっしりとした頑強なデザインや、広大な土地を活かして建てられることから生まれたゆったりした間取りが特徴。堅牢ながらも華麗さも含まれた建築です。

北欧スタイル

インテリアでも人気の北欧スタイル。北欧はスウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマークを指します。

デザインは大きく分けるとカントリー風とモダン風の2つ
カントリー風は自然との融合や温かみを大切にしたデザインで、雪が多い土地柄、屋根は三角屋根や腰折れ屋根・中折れ屋根(マンサード屋根)が一般的。
モダン風は白・黒・グレーなど色味を抑え、直線美で統一したものが多いです。夜が長く、寒い土地であることから、内装は明るくて自然を感じられるよう白やナチュラルカラーをベースに、アクセントにはっきりとした色を取り入れます。

英国スタイル

英国スタイルは英国の歴史や伝統を感じさせる重厚感あるデザインで、長年使われたような木材とレンガ使った外観が特徴です。

英国スタイルにはいくつか種類があり、シンメトリーで三角形の切妻壁や柱など古典的な装飾要素を含むジョージアンスタイル、外部に露出した木造骨組みにレンガ・石・漆喰などを埋めた「ハーフティンバー」が有名なチューダースタイル、はちみつ色の石・ハニーストーンを使った外壁が美しいコッツウォルズスタイルがあります。

東京で輸入住宅を扱うおすすめハウスメーカー7選

前述のとおり、輸入住宅といってもデザインバリエーションが豊富です。
憧れの輸入住宅を建てるには、各社の特徴を知ることは欠かせません。

ここでは東京で輸入住宅を扱うハウスメーカーおすすめ7社を、特徴を交えながらご紹介します。

スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは北欧スタイルの輸入住宅を手がけるハウスメーカーです。

【スウェーデンハウスの特徴】

・グッドデザイン賞等受賞
・「100年住み続けられる家」がコンセプト
・国内ハウスメーカーに先駆け高性能保証表示システムを開始

おしゃれなデザインは高く評価され、2014年にグッドデザイン賞受賞。また「2022年 オリコン顧客満足度®調査 ハウスメーカー 注文住宅」において総合1位を受賞。同調査にいたっては8年連続受賞しています。

「100年住み続けられる家」と謳う同社は、厳しい北欧の寒さに耐えられる高気密・高断熱に加え、遮音性も兼ね備えています。1999年には日本のハウスメーカーに先駆けて「全棟高性能保証表示システム CQ+24 」を開始しました。

【参考坪単価】
75.0万円~100.0万円/坪

【東京都内のモデルハウス】
世田谷区、練馬区、八王子市、立川市、三鷹市、小平市、小金井市

三井ホーム

高いデザイン力で人気な三井ホーム。

【三井ホームの特徴】

・英国スタイルをはじめさまざまな国の家を建てられる
・震度7の連続60回の揺れに耐えた「プレミアム・モノコック構法」
・高い断熱性、一台で3機能ある全館空調

三井ホームは、さまざまな海外テイストの住宅を建てられるのが特徴の一つです。
三井ホームでは英国スタイルのチューダースタイル、現在の建築と欧米の伝統的なクラシックデザインが融合したもの、三角屋根が特徴の北米スタイルの一つ・アーリーアメリカン、地中海住宅として人気のスパニッシュ・コロニアルスタイルなど、さまざまな国のデザイン住宅を建てられます。

同社の「プレミアム・モノコック構法」は実験で震度7の連続60回の揺れに耐えた強固な造りや従来よりも約1.3倍の断熱効果がある断熱材、一つで冷暖房・空気清浄・加湿除湿を叶える全館空調「スマートブリーズ」など住宅性能も万全です。

【参考坪単価】
60.0万円~100.0万円/坪

【東京都内の展示場】
世田谷区・立川市・小金井市・新宿区・江東区・北区・足立区・練馬区・杉並区・調布市・三鷹市

古川工務店

目を引く美しい外観の輸入住宅が特徴の古川工務店

【古川工務店の特徴】

・人気の海外スタイル、平屋やガレージハウスも手がける
・2×4、ベタ基礎、基礎パッキンを採用
・標準仕様で長期優良住宅、認定低炭素住宅

古川工務店は北米スタイルや英国スタイル、北欧スタイルなど人気スタイルからプロヴァンススタイル、平屋・2 世帯住宅・ガレージハウス、そしてリノベーションも手がけています。工法は2×4、基礎は厚さ160mmの土間コンクリートを打つベタ基礎。さらに土台と基礎の間に基礎パッキンを敷き込んで何世代も住み続けられる耐久性を叶えました。

また、標準仕様長期優良住宅、二酸化炭素の排出を減らす工夫がされた認定低炭素住宅であることも魅力。近年注目されているZEH住宅も手がけています。

【参考坪単価】
45.0万円~70.0万円/坪

【東京近郊の展示場】
埼玉県北本市、埼玉県鶴ヶ島市

▼ZEH住宅について詳しく知る

ロビンスジャパン

ロビンスジャパンが提供する輸入住宅は全邸建築家が設計しています。

【ロビンスジャパンの特徴】

・全て建築家の作品
・ローコスト住宅も可能な商品ラインナップ
・家の長期利用を可能にした樹脂窓枠+LOW-Eガラス

スタイルは北米・英国/モダン・北欧などの人気の輸入住宅から、男前なブルックリンやインダストリアルなど、好きなスタイルを叶えられます。
全8種類の商品ラインナップの中には企画住宅もあり、なんと600万円から建てられる家も!ローコスト住宅でも海外の暮らしを楽しみたい人にはうれしいラインナップです。

「家は長く住む」という海外の考え方も継承し、北海道仕様の樹脂窓枠+LOW-Eガラスで家の熱損失を防ぎ結露を抑えて構造材を守ることで長期利用可能な家を実現しました。

【参考坪単価】
40.0万円~80.0万円/坪

【東京都内のスタジオ】
江戸川区、杉並区、羽村市

▼東京都内のローコスト住宅について詳しく知る

セルコホーム

セルコホームではカナダスタイルの輸入住宅を建てられます。

【セルコホームの特徴】

・多彩なデザインのカナダ住宅を提供
・こだわり抜いた工法、資材
・SDGsを視野に入れて木造住宅を提供

セルコホームがカナダの輸入住宅に特化した理由は3つ。多彩なデザイン・ライフステージに合わせて変化できる高い機能性・厳しい自然環境に耐えるため進化した住宅性能です。
デザインは英国の影響を色濃く受けたクイーンアンスタイルやジョージアンスタイル、カナダ独自の多文化を有機的に融合したコンテンポラリースタイルなど。カナダの2×4に独自技術を掛け合わせ、国土交通省の認定を取得した外壁材・オリジナルブリック、厚さ19mmの無垢フローリングなど一つひとつにこだわりが凝縮。
また、SDGsを視野に入れた同社では再生可能な木造住宅を提供しています。

【参考坪単価】
45.0万円~85.0万円/坪

【東京都内のモデルハウス】
立川市

ジューテックホーム

ジューテックホームは北欧スタイルの輸入住宅を提供しています。

ジューテックホームの特徴

・「優良住宅瑕疵保証制度」を一早く導入
・2×6工法等を駆使した高耐震、高耐久性の家
・パッケージプランなどもある全5種類

ジューテックホームは、厳しい審査基準をクリアした事業者だけが利用できる「優良住宅瑕疵保証制度」を一早く導入し、全棟に「保証書(10年)」を提供。追加で20年・25年の延長保証も可能です。
2×6工法、外部の力を吸収・分散する6面体構造、床下全面を厚さ150mmの鉄筋コンクリートで覆うフルベース基礎によって高耐震・高耐久性の家をつくります。
商品は北欧スタイルを受け継ぐフルオーダー「WELLDONE(ウェルダン)」、北欧伝統デザイン・2世帯・シンプル&モダンな北欧輸入住宅の3 パッケージから選べる「J-Brisa(ジェイブリッサ)」など5種類を用意しています。

【参考坪単価】
70.0万円~90.0万円/坪

【東京近郊のモデルハウス】
神奈川県横浜市

ブルースホーム

「むかしみた、あの映画のような暮らしを」というキャッチコピーを掲げ輸入住宅を展開するブルースホーム。

【ブルースホームの特徴】

・住む人の健康に配慮した空気づくりに注力
・耐震性、耐火性、断熱性にもこだわった造り
・360度VRモデルハウスあり

ブルースホームが注力しているのが空気環境。24時間換気システムの他に、吸湿性・耐火性・消臭性など優れた性能を持ち合わせた珪藻土を使った塗り壁、塗料は揮発性有機溶剤や有機化合物を含まない水性塗料や植物由来の塗料を使用しています。
耐震性・耐火性ともに高い2×4・2×6工法や、魔法瓶のような保温効果を叶えるグラスウール断熱材、構造体を結露から守るポリエチレンフォームなど住宅性能にも余念がありません。
360度VRモデルハウスがあるので、自宅にいながらスマホやPCで見学できるのはうれしいですね。

【参考坪単価】
50.0万円~80.0万円/坪

輸入住宅のメリットとデメリット

「輸入住宅のおすすめハウスメーカー7選」でご紹介したように、東京でもさまざまなスタイルの輸入住宅が建てられます。
どのハウスメーカーもデザイン・住宅性能も申し分なしで、輸入住宅は良いことづくしに見えますが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

ここでは、輸入住宅のメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

輸入住宅のメリット

・目を引く洗練された外観
・内装デザイン、広々とした間取り
・高い耐久性、耐震性、耐火性

前述したハウスメーカーのように、どれも日本にはない映画に出てくるようなデザインが輸入住宅の最たる魅力と言えるでしょう。
デザインをはじめ、設計も海外の設計思想を取り入れているので空間の作り方も海外基準。設計基準も同様なので、日本の住宅とりもゆとりある開口部・空間が叶います。
また、海外には厳しい環境に耐えられるよう耐震性や断熱性など住宅性能を進化させてきたため、強固な造りであることもメリットにあげられます。

輸入住宅のデメリット

・間取りプランが不自由
・メンテナンスが大変
・価格が高い

輸入住宅は2×4などのパネル工法が多いため、新たな壁を作る・壁を撤去するといった変更が困難。間取りのプランニングが不自由な点がデメリットとしてあげられます。
使用している建材は輸入しているため、メンテナンス時には海外から取り寄せることも。そのため時間も要するので、不自由な状態で過ごさなければなりません。
このことから、メンテナンスが手厚いハウスメーカーを選ぶことが大切です。また、資材を輸入していることから輸送費も加えられるので、購入時の費用は高くなります。

輸入住宅は中古で買ってもいい?

少しでも費用を抑えるために輸入住宅を中古で購入したいと思っている方も多いでしょう。しかし、輸入住宅を中古で購入していいのでしょうか。

これまでご紹介したとおり、輸入住宅は堅牢なつくりで構造体の耐久性も高いため、中古で買うのもおすすめ。また、海外ではライフスタイルの変化とともに住み替える人が多いためリセールバリューを考えて最初から資産価値が高い家を建てます。輸入住宅もその思想のもと建てられるので、中古物件でも問題ありません。

東京で輸入住宅を扱うハウスメーカーまとめ

いかがでしたか?
デザイン性だけでなく、住宅性能が高い輸入住宅。今回ご紹介したように東京でも輸入住宅を取り扱っているハウスメーカーは多くあります。
自分の好みのデザインや予算など優先したい条件と照らし合わせて、自分にぴったりのハウスメーカーを選んでみてくださいね。
今回の記事が参考になりましたなら幸いです。

▼他エリアの輸入住宅