エリアからおすすめの注⽂住宅会社を探す

こだわりからおすすめの注⽂住宅会社を探す

一条工務店の坪単価を商品別に紹介!評判や口コミ、住宅の特徴も解説

ハウスメーカー 一条工務店 埼玉県 工務店 東京都 注文住宅 神奈川県 2021.09.30
一条工務店 坪単価

一条工務店は「家は、性能。」がキャッチコピーの大手ハウスメーカーです。高性能な住宅を納得できる価格で提供できるよう、日々企業努力を進めています。
今回は一条工務店について、以下のトピックを解説します。

・一条工務店の特徴
・一条工務店の坪単価
・商品ごとの坪単価一覧
・一条工務店の評判/口コミ

ハウスメーカー選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

一条工務店の3つの特徴

一条工務店 坪単価
https://www.ichijo.co.jp/

一条工務店の主な特徴は、以下の3つです。

・業界シェア8位の大手ハウスメーカー
・業界トップクラスの高断熱・高気密住宅
・自然災害に強い丈夫な家づくり

それぞれ見ていきましょう。

特徴1:業界シェア8位の大手ハウスメーカー

一条工務店は1978年創業、業界シェア8位の大手ハウスメーカーです。木造軸組工法2×4工法をメインに年間約1万2000棟の販売実績があり、木造住宅部門では業界2位の販売数を誇ります。(2021年時点)
社名に「工務店」とついていますが、全国的に展開している点や企業規模の大きさからしばしばハウスメーカーに分類されます。
一条工務店は大手ハウスメーカーの中では坪単価が安めです。性能とコストパフォーマンスの良さの両立が人気の秘訣といえるでしょう。

徴2:業界トップクラスの高断熱・高気密住宅

一条工務店の家は、業界トップクラスの断熱性と気密性を誇ります。特に気密性に力を入れていて、その質の高さは北海道で一条工務店の建築数が1位になるほど。一条工務店の家の断熱性は、国が定める省エネ基準の5倍。単純計算で冷暖房費が5分の1に抑えられる高い省エネ性能が魅力です。

一条工務店の高断熱窓&サッシ「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」は、平成26年度の省エネ大賞を受賞しました。トリプルガラスの間にクリプトンガスを充填し、さらに防犯合わせガラスを加えた3層構造で、省エネ性と防犯性の両方を高める高性能な窓です。

「防犯ツインLow-Eトリプル樹脂サッシ」のほかにも、高性能断熱材や熱換気システムなど
、さまざまな技術が快適な住まい環境を支えています。

特徴3:自然災害に強い丈夫な家づくり

一条工務店は地震や水害といった自然災害にも耐える丈夫な家づくりを行っています。

一条工務店の家は、標準仕様で国が定めた耐震強度の最高等級である「耐震等級3」となっています。また、耐震等級3を超える強度を実現するため、創業当時から実物大の建物や部品で耐震実験を続けています。

水害対策としては、床下の換気口にフロート式の弁を設置。水が侵入した際に自動でフタが閉まる仕組みで、床下への浸水を防止します。また、排水管には専門メーカーと共同開発した逆流防止弁を使用し、水かさが増しても室内に汚水が逆流するのを防ぎます。

ほかにも、災害時にライフラインを確保できるよう外部コンセントや太陽光発電のパワーコンディショナー、蓄電池などを水没しにくい高さに設置しています。
こうした技術と工夫の積み重ねが、自然災害に強い家づくりを実現しているのです。

一条工務店の坪単価は?大手ハウスメーカーや工務店と比較

一条工務店の坪単価は、45万~80万円ほどです。大手ハウスメーカーの中では比較的安い部類といえます。
ただし商品によって坪単価は異なるため、90万円を超える場合も十分にありえます。また、土地の形状やオプションの有無によって変化する点も考慮しましょう。

一条工務店と比較されやすい大手ハウスメーカーの坪単価を一覧を下記にまとめました。

ハウスメーカー坪単価
一条工務店45万~80万円
木下工務店40万~70万円
積水ハウス50万~100万円
ミサワホーム70万円~85万円
住友林業70万円~90万円
セキスイハイム60万円~80万円
三井ホーム65万円~75万円
パナソニックホームズ70万円~100万円
へーベルハウス70万円~90万円
ダイワハウス60万円~80万円
三菱地所ホームズ70万~80万円
トヨタホーム50万~90万円
参考:https://www.housenews.jp/

条工務店の商品別坪単価を紹介!

ここからは、一条工務店の商品別に坪単価を紹介します。

GRANDSAISON(グランセゾン)|坪単価70万~80万円

一条工務店 坪単価 グランセゾン
https://www.ichijo.co.jp/lineup/grand-saison/

「グランセゾン」は一条工務店の中で比較的グレードの高い商品です。そのため坪単価も70万~80万円と高めに設定されています。
グランセゾンの主な特徴を以下にまとめました。

・4つのインテリアスタイルから選べる
・全館床暖房が標準仕様
・他の商品ではオプション扱いの外壁(ハイドロテクトタイル)が標準仕様
・フローリングをモクリアと石目調の2種類から選べる
・間取りが比較的自由に決められる

設備のグレードとデザインの自由度の高さが特徴です。

i-smart(アイスマート))|坪単価60万~70万円

一条工務店 坪単価 i-smart
https://www.ichijo.co.jp/lineup/i-smart/

「i-smart」の坪単価は60万~70万円ほどで、グランセゾンに次ぐ価格設定になっています。i-smartは一条工務店が「業界最高峰の性能を誇る」と謳う高性能住宅。主な特徴は以下の通りです。

・一条工務店随一の「超省エネ+超健康住宅」
・全館床暖房が標準仕様
・24時間換気システム
・最新テクノロジーを導入
・2×4工法よりも強度の高い「ツインモノコック構法」を採用

間取りの自由度はグランセゾンに劣りますが、住宅の機能性を重視するならばi-smartがおすすめです。

i-cube(アイキューブ)|坪単価50万~60万円

一条工務店 坪単価 i-cube
https://www.ichijo.co.jp/lineup/i-cube/

「i-cube」の坪単価は50万~60万円ほどで、グランセゾンやi-smartに比べると手の出しやすい価格設定です。i-cubeの特徴を以下にまとめました。

・業界トップレベルのエコ性能を持つ
・キューブ型のシンプルモダンな外観
・全館床暖房が標準仕様
・24時間換気システム
・2×4工法よりも強度の高い「ツインモノコック構法」を採用

住宅性能にこだわっている分i-smartと似ている印象を受けますが、i-smartに比べて選べる標準仕様が少ないです。i-smartよりもコストを抑えて省エネ住宅を建てたい人におすすめです。

SAISON(セゾン)|坪単価50万~65万円

一条工務店 坪単価 セゾン
https://www.ichijo.co.jp/lineup/saison/

「セゾン」は格調高いヨーロピアンスタイルの木造住宅で、坪単価は50万~65万ほどです。本格的な洋風建築でありながら、坪単価はそこまで高くありません。
セゾンの特徴を以下にまとめました。

・無垢材をふんだんに使った本格的な洋風住宅
・外壁はレンガタイル貼りとサイディング
・木造軸組工法を採用
・全館床暖房はオプション

セゾンはi-smartやi-cubeとは異なり、木造軸組工法を採用しています。重厚感のある洋館を建てたい人にセゾンはおすすめです。

SAISON(セゾン)A|坪単価45万~55万円

一条工務店 坪単価 セゾンA
https://www.ichijo.co.jp/lineup/saison_a/

「セゾンA」の坪単価は45万~55万円ほどで、同じシリーズの「セゾン」に比べるとリーズナブルな価格設定です。
セゾンAの特徴を以下にまとめました。

・カジュアルで欧風モダンな木造住宅
・外壁はサイディング
・木造軸組工法を採用
・全館床暖房はオプション

セゾンAはセゾンよりも明るくカジュアルな外観が特徴です。グレードがセゾンよりも若干下がる分、坪単価も安くなっています。
コストを抑えてヨーロッパ風の住宅を建てたい人におすすめです。

Brillart(ブリアール)|坪単価55万~65万円

一条工務店 坪単価 brillart
https://www.ichijo.co.jp/lineup/brillart/

「ブリアール」は南欧(プロヴァンス)風の外観が特徴の住宅です。坪単価は55万~65万ほどで、一条工務店の中では平均的な価格帯といったところ。ブリアールの特徴は以下の通りです。

・南欧風な明るくかわいらしい木造住宅
・オールドテラコッタの瓦屋根や玄関のアーチ垂れ壁が特徴
・パイン材の壁が一面だけ標準仕様
・全館床暖房はオプション

プロヴァンス風のマイホームを建てたい人におすすめです。

円熟の家 百年|坪単価70万~80万円

一条工務店 坪単価 百年
https://www.ichijo.co.jp/lineup/hyakunen/

「円熟の家 百年」の坪単価は約70万~80万円で、グランセゾンと並びます。
百年の特徴を以下にまとめました。

・本格的な和風建築から和モダンまで幅広いデザインに対応
・真壁和室が標準仕様
・和室の内障子が標準仕様
・収納設備が充実
・全館床暖房はオプション

百年の坪単価はグランセゾンと同じくらいですが、グランセゾンが全館床暖房が標準仕様なのに対し、百年はオプションになっています。オプションを追加するとその分坪単価も上がるので注意が必要です。

平屋住宅|坪単価60万~65万円

一条工務店 坪単価 平屋
https://www.ichijo.co.jp/voices/focus/1f/

一条工務店には平屋住宅専用の商品がありません。そのため平屋住宅を建てる場合、各商品からベースのものを選ぶ必要があります。
ベースの商品を何にするかによって坪単価は異なりますが、一条工務店で平屋を建てた人の平均を調べると、大体60万~65万円が相場のようです。
当然ながら、オプションを追加するとその分坪単価は上がります。標準仕様の幅が広いけれど坪単価の高いハイグレードの商品を選ぶか、リーズナブルな坪単価の商品で必要な分だけオプションを追加するか、自分の価値観に合う方法を見つけましょう。

一条工務店の評判・口コミは?実際に建てた人の声を紹介

ここからは、MINIQUEが独自に調査した一条工務店の評判と口コミを紹介します。

一条工務店の良い評判・口コミ

評判1:
無理強いするような圧力は一切なく、特徴や標準設備などの説明も丁寧だったので満足です。そのような営業さんのお人柄やオプションを付けなくても満足できる家ができ、高気密・高断熱なので通年快適に過ごせることが決め手になりました。実際に工場見学で性能の良さを見られたのも大きかったです。(建物費用2,000万~2,500万円/29.73坪)

評判2:
全館床暖房・樹脂サッシでトリプルガラスの窓・キッチン・浴槽と全て高品質かつ標準仕様、そしてとにかく寒くない。ここまで揃ってこの金額には納得しています。特に窓は、ハンマーで叩いてもヒビが入る程度。それでもなお侵入するものなら防犯ブザーが鳴る仕組み。これだけの窓を他社でするとなるとオプションになると思います。(建物費用2,000万~2,500万円/30~35坪)

評判3:
打ち合わせには特に回数制限はなく、スケジュールに合わせて進めていく流れでした。建築後も年末の挨拶に来てくれたし、今後もお付き合いができると思うと安心です。現場の方々は感じが良く私の質問にも気さくに答えてくれて、その場で私がこうしたいと言ったことにも臨機応変に対応してくれました。(建物費用2,500万~3,000万円/30~35坪)

一条工務店の評判を調べると、性能の良さや標準仕様のレベルの高さに対する好意的な声が多く見られました。特に窓は断熱性と防犯性の両方で高い評価を得ています。
一条工務店にはアフターメンテナンス用のアプリがあり、アプリを通して迅速に対応してもらえて便利という声もありました。

一条工務店の悪い評判・口コミ

評判1:
とにかくちょっとの事でも工賃が高過ぎる。5年目までは監督さんがやってくれてた事もありましたが6年目からはいきなり冷たくなった気がしました。(建物費用2,500万~3,000万円/35~40坪)

評判2:
やはり性能重視の分、設計の自由度はそんなに高くないと感じました。たとえば設備だと、標準品以外のものを取り入れようとするとかなり差額費用がかかるか、規定外として不可になってしまうこともありえます。また間取りに関しても、私たちを担当してくださった設計士さんがたまたまそうだっただけかもしれませんが、あまりオリジナリティのある提案などはなかったように思います。(建物費用2,500万~3,000万円/35~40坪)

一条工務店に関する悪い口コミや評判は、ほとんど見つかりませんでした。
ただし、性能重視な分間取りの自由度が低い点は難点といえそうです。住宅性能よりもデザインや間取りの自由度を重視したい人には、不満が多いかもしれません。

一条工務店の坪単価まとめ

今回紹介した一条工務店のトピックを以下にまとめます。

【一条工務店の特徴】
・業界トップクラスの高断熱/高気密性能
・自然災害に強い丈夫な家づくり
・性能重視な分デザインや間取りの自由度は低め

【一条工務店の坪単価】
・全体の坪単価は45万~80万円
・商品ごとに異なるが、大手ハウスメーカーの中では坪単価は安め

一条工務店は、高性能な住宅を建てたい人に特におすすめのハウスメーカーです。性能重視でハウスメーカーを検討している人は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。